世界のmake love事情

「ポーランド、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ポー・ラン・ド。
舌の先が口蓋を三歩下がって、三歩めにそっと歯を叩く。ポー。ラン。ド。」


ナボコフ風に。

。。。という訳で、ピエトロとの二度目のランデブーのメニューは
「マッサージ」の予定です。(*’=’*)!?





彼は「Hはしない。promise」と言ってから、わたしのどこをどうマッサージするつもりなのかを、
微細に渡って説明してくれたのだった+。゜*///)o

「あなたには大切にされるだけの価値があり、
それで僕も僕のフェティッシュを満足させられる。・・・ok?」

と・・・・・

・・・正直、それだけで既にメロメロなんですが。。。
(´=`/*)

そりゃ世界各地に美しい男は、沢山居る。

アフリカン・ブラザーの、心の底から熱いものがこみ上げてくるような魅力だったり、
ベトナムやインドネシア系男性のちょっと憂いを帯びた夕日のような美しさや、
韓国のイケメンの、ミネラルウォーターのような澄んだ色気も捨てがたい。

フランス人は・・・綺麗な人が多いというイメージに反して、意外とヘンな顔の人(?)
も多いのだが、それでも彼らの話術だったり人生に対する楽観的でエネルギッシュな姿勢、
そういったものを総合するとやはり、魅力的な人物が多いと感じる。

そして・・・ピエトロの故郷ポーランドや、以前にちょっとだけ交流した美少年ミハイの故郷ルーマニアといったスラブ系の美形は、一言で表すなら・・・「心が洗われるような」美しさであるように思う+。゜(*’=’*)

思わず口を開けたまま呆然と、何時間でも眺めてしまいそうなぐらいの美しさ。。。
その気質や知性以前に、彼らの造作的な完成度の高さは圧倒的である。
「神からの贈り物」とすら思えるような美形がわんさか居るのがこの地域と思う。

そして・・・何より凄いと思われるのは、彼ら自身にとってはそれは当たり前?なことであり、
その特別な美しさに自分では気付いていない風なのがまた、感動的だったりするのだ+。゜

わたしが接した限り・・・ルーマニアやポーランド人は、頭の回転が早く気配りの行き届いた人が多いけれど、そこには「自分を良く見せたい」といった計算は感じられず、人間的な自然な思いやりだったり、無邪気さを持っている人が多いように思う。

 天 然 の 美 形 ・・・・・+。゜
* ̄- ̄)。゜

。。。これはもう、誰がどんな巧妙な策略を巡らせたところで太刀打ち出来るものではなく、
そして・・・そうした「何物も決して越えられないもの」だからこそ、芸術には価値があるのだろう。

-

で、わたしは最近ようやく、こういったもの〓(世界のsex観調査)〓があるということを知ったのですが。。。

リンクの下の方にある「平均的sexの頻度」、
日本は数年に渡り、ブッちぎりで最下位とか。。A ̄- ̄;)

。。。まぁ、わたしは容易に・・・(そりゃ、そうでしょうな...。(# ̄m ̄*)と納得出来るのですが、
これを聞いてすら、プライドを守ろうとする日本人にしてみれば、、、
「回数が多ければいいってものでもないだろうが!?(#>皿<)」だったり。。。
挙句は「sexの多い民族=低俗」という先入観?すら持っていそうな人も、
多いような気がするんですが。。。

しかし、それが何の根拠もない誤解だということは、ここの上位にランキングされている国の文化と、
自国の文化の質を比較してみれば、一目瞭然と思われ。。。*ーー)。゜

。。。これについての、なぜか?というコメントも少しリサーチしてみたんですが、
「家庭よりも仕事を優先させる風潮」という説が多いように思いましたが・・・
わたしは個人的には、これはねぇ。。。。。

いくら時代が変わって、女性からリードするケースも多いとしても、
≪これ≫は・・・いわば、共同作業(?)である以上、どちらかが非・協力的である限り、
成り立たないものだからにょ。。。。。
*ーー)。゜

そして・・・まだまだ、大多数は男性主導のケースが多いと仮定するならば、
これは一言でいって≪男の責任≫であり。。。
更に言うならば、それだけ日本の女性は蔑ろにされて来たし、現在でも大切にされていない
と言っても過言でも無いと思うワケですねん.....。。。
*ーー)。゜

。。。わたしが何度もこのブログで、日本人男性に対して感じる憤りや疑問を書く度に、
それが・・・まるでわたし個人の「根拠の無い思い込み」だったり、
悪戯に日本人男性のプライドを傷つけるものであるかのように感じる方も多いかも。。。
という覚悟で、書いてきたのだ。
*ーー)ノ

しかし。。。
現実にこういった「データ」がある以上、これが私の個人的妄想でも何でもないことを、
多少は理解していただけるんじゃないかと思うぞ・・・☆(><)

あと、気になったのが・・・「sexパートナーの数」
トルコが圧倒的に多いのは、イスラム系なのと・・・ハーレムの名残り?と想像するのだが、、、
日本は回数は最下位の割に、中位ぐらいに食いこんでいる。。ということでやんす...。。。
*ーー)。゜

。。。どういうことだ?

そして・・・これも、(そりゃそうだわな。。。)と、思わず溜息をつかざるを得なかったのが、
sexに対する満足度☆

世界の中でsexに対する満足度が最も高いのが、ベルギーとポーランド。。。
。。。これは個人的には、よ~く理解できます。(*/ ̄m ̄*)

なんといっても、彼らは・・・その美しい造作に加えて優雅でロマンティックなスキンシップ、
甘い言葉や強引ではないけれどしっかりと確実なリードで、
〓ロマンスを作り出すことが出来る民族〓なのだ・・・+。゜

そして。。。「最も満足していない国」が、中国と・・またも、日本。゜
;--)ノ

回数の少なさ&満足度の低さと、ダブルでランクインしているのは日本だけ・・・☆
となれば・・・そういう面から見て、日本は「最も文化度の低い国」?と言えましょうな.....。
*ーー)o゜

だからこそここまでプロor素人にかかわらずH画像が氾濫したりするんじゃないかしら??
特別にお金に困っているというワケじゃくたって、子供みたいな歳の子が風俗やキャバクラで働くことに何の抵抗もなかったり、通う方も然り・・・なーんか根本的に歪んでいると感じる・・・・・。゜
*ーmー)。゜

わたしは・・・sexというより、≪make love≫という言葉の方が好きだ。
o(*’-’*)o

ロマンスは、時には・・・芽生えるもの、だったり、自然と生まれるものでもあるかもしれないが、
その多くは・・・ただ、呆然と待っているだけで手に入り、持続させられるものでもないと思う。

そして・・・お互いに何の歩み寄りも努力もなしに、「なぜ、判り合えないのだろう。。。;--)?」
と、いくら部屋の中で一人膝を抱えたところで、噛み合わないものは噛み合わない、
伝わらないものは伝わらない・・・・・というのが、わたしの持論である。゜
*ーー)。゜

わたしは決して憎しみだけで、日本人男性を揶揄しているのではないのだ...。。。
*ーー)o

ただ。。。 情 け な い のであります。゜

既に、わたしが彼らと真の意味で≪make love≫する可能性など、殆ど無いだろうけどね。。。☆
*ーmー)

それでもひとつだけ願うとすれば、”彼ら自身”のため・・・そして、わたしと同じ日本女性の立場のためにも、どうか。。。彼らに今一度、make loveというのはれっきとした「文化」であり、それを蔑ろにする限り・・・それは≪彼ら自身≫が侮蔑の対象となり得る。。ということに、気付いて欲しいのである.....。

女性からの反撃、少子化、景気の衰退・・・
このまま日本人男性の意識が変わらずにいる限り、日本に未来は無いと思われるんだねー。。。
* ̄- ̄)o。゜

って。。。        知 っ た こ っ ち ゃ ね ぇ け ど な 。


こればかりは何万回口を酸っぱくして言ったところで、
わかんない人にはわかんないのだろうし。。。

なぜならヤツらは自分がどんなに身勝手で無礼な言動をしているのかを棚に上げ、
それでも「いつでも悪いのは女の方」だとでも言わんばかりの聞き苦しい言い訳をし、
最終的には何の結論も出さぬまま、尻尾を巻いて逃げるようなヤツばかりなのだから。。。

・・・お前らには「本物の女」など勿体無い★
* ̄- ̄*)ノ

一人よがりなバーチャルな関係に甘んじるか、妄想の中に漬け込まれるかして・・・
このまま「万年最下位」を死守するが良い...。。。

-

わたくしは今後ピエトロと共に、
≪現実の世界≫で、ロマンティックなファンタジーを共有してゆくだけですから・・・+。゜

.....ゴメンあそばせ+。゜(* ̄m ̄)(プ
[PR]
by o-bleneri | 2007-08-03 08:21


<< ポ男の胃袋を鷲掴みにする法則 初デート♪ >>