もつれた糸をほぐすこと。

。。。複雑に絡んだ糸をほぐす作業は、それほど嫌いじゃない。
(*’=’*)ノ

確かに。。。その仮定では、突破口がなかなか見つからなかったり、、、
その原因?に対して、確認もしないうちから邪推してしまったりと、
気苦労も多いけれど。。。

としても・・・そんな苦労も、「判ろう。」とする気持ちを持ち続ける限り、やがて得られるであろう、
 ぽん と雲の切れ間のような理解や納得の手応えを感じる瞬間に比べれば、
何てことは無いのだろうから。。。。。☆゜
*ーー)。゜





-
とはいえ、その後も相変わらずピエトロの方から積極的に話かけてくれるようなムードではなく。。。A///)。゜

もう・・・こうなれば、≪なるようにしか、ならん...。*ーー)o゜≫と、わたしも腹をくくって、
なるべくしつこくない程度に、彼の対応を観察しつつ、、、これは我ながら、上手い方法を思いついたものだ☆>∇<)o。゜と、自負しているのだが・・・最も無難で最も、お互いの距離感を近づける効果が高いと思われる「ポーランド語に関する質問」をメインに、ちょこちょこ話かけていた。

決して。。。「どうして答えてくれないの!?」みたいな押し付けがましいノリ?にだけは、
ならないように、気をつけながら。。。A///)

思えば。。。己自身が。。。(これが私の自意識過剰な思い上がりではない限り。。。A///)
もしかすると・・・今のわたしのような心境だったのかしら?と思われるような人を、
ずいぶんと遠ざけてきたような気もするだけに....。。゜

今更・・・≪今なら、彼らを受け止められるかも。≫だなんて、決して言いたくはないけれど。。。
*ーー)。゜こればかりは・・・「どちらがどう悪い、」というわけではなかったのだろうし。゜

ただ・・・どちらが、どんなに「好き♪」でも、、、恋愛は、お互いの気持ちがあって成り立つもの?
なので。。。時には、どちらがどんなに涙を飲もうと.....
伝わらない時には伝わらないし、結ばれない時には、結ばれないのだろう...。゜*;-;)

そんな(想い)を、秘めながらも。。。
相手の気持ちと、自分の想いの、どちらも大切にしながら、その「接点」を、見つけてゆくしかないのだろうと思う+。゜

-

で。。。
いつもの他愛の無い話の合間に。。。
ちょっと又。。。わたしは「辛子」を入れてみた。゜A///)

。。。「ハバネロ」に、ならない程度の。。。自分にしてみれば・・・ごく軽い白コショウ?ぐらいのつもりだったんですが、、、今、思えば・・・ それがトリガーとなって、ここ数日一切その手の話には応じようとせず、沈黙を保っていたピエトロが。。。ようやく、「今まで自分が感じてきたこと」を、打ち明けてくれたのだった。゜
*;-;)

結果・・・ お互いの間に、随分と誤解があったことがわかった。゜

わたしはひたすら・・・自分が彼に対して試すようなことを言ったり、
彼の本心を疑うような発言を繰り返したことを、ひたすら詫びた。。。
*;皿;)。゜

彼の方でも・・・なぜ、少しの間わたしと距離を置こうとしていたか?ということ、
にもかかわらず・・・わたしは彼の真意をわかろうとせずに、その理由を誤解し、
彼の気持ちを邪推し続けていたことに対して、自分がどんなに困惑していたか?
ということを打ち明けてくれたので、、、

わたしは尚も・・・ひたすら、謝った。゜ノ-;)

わたしがあそこまでの言動を取ったのは、ただ「あなたの気持ちを確かめたかった」、
けれど、かといって・・・あそこまで執拗にあなたの気持ちを邪推したのは間違いだったと思っているし、完全にわたしが悪かったと思っています。゜・・・きっと、甘えていたのもあると思う。
けれど・・・今は信じています。・・・もう、疑うようなことは言いません。

と。。。゜*ノ-T)。゜

そして。。。ピエトロは言った。

 君は悪かった。
 そして・・・わたしも、悪かった。
 でも、わたしは怒っていない。
 いずれにせよ・・・ ありがとう。
 わたしが思っていたよりかは、君には悪意はなかったということがわかった。

と。。。。。
*;-;)。゜

悪意、どころか、、、、、

。。。

わたしは、なんだか胸のつまるような思いで、

I'm glad to said from you

とだけ、答え。。。

もう、このfeelを少しでも壊さぬように保てるように。。。
今日は自分からお開きにすることにして、久しぶりに・・・kiss Iconを送ってみたところ、
ピエトロからも・・・最後のデートから、話が拗れて。。。およそ、2週間ぶり?に、kiss Iconが返って来た。゜

*///)


still in Sweet Dreams +。゜
[PR]
by o-bleneri | 2007-09-04 06:09


<< ロシアの弟 notatka po polsku >>