より踏み込んで。

実は最近急激にナチュラル系スキンケアに切り替えたせいか、お肌の調子が不安定になってしまい。゜(><)微妙に擦ってしまったのもいけなかったのか、朝起きてみると顔中のあちこち赤くなっておりましたが、それでもメゲずにお粉でお化粧してお出かけいたしましたが、上の写真が微妙に凹んだ表情をしているのは、そのせいです。(笑)しかし。。考えてみればみる程、そういったひどい肌荒れの時などは特に、その上に決してリキッドファンデでお化粧しようなどとは思えなかったと思う☆ますます悪化しそうですし...。。。その点、この方法ではまったく刺激も感じることなくきちんとカバーしてくれて、帰ってみると赤味は殆ど治まっていました。*’-’)?下の写真はその後に久し振りにヒマラヤ岩塩のデトックスバスに入ってご満悦のゅりょちゃん♪全くのノーメークですが、今後はもっと免疫力を強化して、いつまでもナチュラルメイクに耐えるお肌を作ってゆきたいものと思っております+。゜

ところで、このトラブル?の原因は。。症状の状態や持続の仕方、何といってもそれが治まった直後のお肌の調子から言っても。。ただのカブレや成分が合わないというよりかは、一種の好転反応に近い可能性もあるような気がするので、今一度あまりに我慢できなさそうな時は一旦元のウィッチへーゼル+尊馬油orカレンドラベビーオイルをうっすら塗るぐらいのシンプルケアに戻して、体調が戻ってからまた徐々に様子を見てゆきたいと思っていたりします。

ところでこの「好転反応」という概念は、どうにも信用出来ないという方が多いような気がするのも理解できるような気もしますが(正直わたしも。。トラブルは結局トラブルじゃない??みたいに思っていましたので。。*///)しかしながら、合成界面活性剤の影響やお肌のバリア機能などについて多少でも知識を蓄えてゆけばゆくほどに、あり得ないわけでもなさそうだなぁ。。と思えるようになってきます。

以前に・・・ある意味、例えば赤ちゃんでも使えるような成分でかつ厳選された成分のみで作られているというお墨付きのスキンケアがことごとく刺激となる癖に、あらゆる添加物がてんこ盛りの化粧品には全くトラブルが起きない。。というのは、どう考えても自然な状態とは言えないような気がしますからね.....。。(;><))。゜

いずれにせよ、トラブルといってもそう深刻な痒みや痛みを伴うものという程でも無い上、約半日で治まって。。何といっても、その後のお肌の調子はどう見ても。。「再生している」というか、生命力が息を吹き返したようなハリが生まれることが多いことを見ても、これは悪い成分によるカブレというよりかは、今まで無頓着で知らずと脆弱になっていたお肌が、天然成分のような・・・ある意味、合成の成分以上に強力なパワーを受け入れるための環境を整えるべく闘っているのかもしれない。。。とも思えてきたので、今一度様子を見ながらあせらずゆっくりとバランスを整えてゆきたいと思っています+。゜*’-’)ノ


で。。一旦始めたら戻れない性格も手伝ってか?///)・・・知れば知る程にクレンジングもさること、合成界面活性剤のシャンプーから影響はある意味化粧品以上?という気が、今更ながらにして参りましたので。。生まれて初めて(笑)石鹸シャンプーやそれに近いような、なるべく添加物の含まないもので実験してみようと試みました。これまでも幾度となく「石鹸シャンプー」というものの存在は聞いた事がありましたが、漠然と「きしみそう。。」だったり、挙句は・・・昔のパッケージのイメージもあってか?何となく貧乏くさそう。。;///)などの偏見があったりして(ぉぃ 実は一度も使ったことがなかったのですが、あらためて今使っているものから・・巷では「自然な素材で作られたシャンプー」と宣伝されたものまでの成分をいざ実際に調べてみると、結構すごい量の名前がずらずらと出てきて。。もちろん微量かもしれなければ、素人が思っているよりかははるかに害の少ないものかもしれませんが。。。それはそれとして、実際にじゃぁそれらが入っていないものと使い比べてみて、本当にどれだけ必要なものなのか?を知る権利は使う側にあるのだと思えて参りました。

しかし。。同じ石鹸シャンプー系でも多少は使い心地が良さげで気の利いたものになると、結構探すのが難しい?という気もしてきて。。まずは他の用途にも転用できそうな「マジックソープ」から試してみることに☆こちらは以前にクレンジングや洗顔にも試したことがあったものの、その時はちょっと連続使用は刺激が強い気がしてやめちゃってましたが。。シャンプーにはどうでしょう?と。しかしいくら頭皮といえやはり以前顔に感じた刺激感を覚えていたので、まずは3倍濃度に希釈したもので実験・・・★・・・全く泡がたたないし。(笑)a0013306_3441126.jpgで・・・ちょっとづつ増やすもうんともすんとも言わないので、結局原液でやっちゃいましたが。。それでも泡はすぐ消えてしまうために洗えているのかどうか?今一度実感がない感じではありましたが。。始めてということもあったかどうかはわかりませんが、少なくとも直後に刺激を感じることもなく、言われてみれば若干きしむ感じかな。。という気がしなくもない、、と、正直なところそう大きな差は感じませんでしたので、とりあえず次の段階で、コンディショナー。

オーブリーのGPBという石鹸シャンプーを中和するためのコンディショナーで、以前よりよくボトルを見かけたことはあったものの、全くスルーしてきちゃっておりましたが、こういう用途のためにあったものだったんですね+。゜*’-’)o゜・・・最近、いきなり急激に今まで見えていたようで見えていなかった世界が広がってきたように思えて、感慨深いです。しかし正直なところ売り場で嗅いだテスターの香りがほとんど抜けかかっていたこともあって、全く「良い香り」という意味では期待せずに臨んだのですが。。最初にちょっと薬草っぽい?ような香りがピリっとして、(あ~やっぱりこの系の香りか。。)と思いかけた直後!!??(@@)フワ~っとグリーン系の。。。なんともわたしの大好きな系の香りだった上・・・思い出の、以前知っている懐かしい香りがしてきて+。゜*;-;)。゜・・・シャンプーは今後も今一度模索するような気がしますが、この「GPB」というコンディショナーに関しては、ぜったいにコレを使うことに決めたわっ・・・!!!*>3<)ノ゜・・・どうにもわたしはこちらも含めてオーブリーというメーカーの製品とは、どこかウマが合うのかもしれない。。。

で・・・このGPBが何と似た香りだったかと言いますと。。ものっすごい昔、まだ巷にバブルバスの素はおろか・・・バスソルトといえばバスクリンぐらいしか知られておらずまた売ってもいなかった頃、アメリカだったのかドイツだったのか?は、わかりませんが。。黄色い小さめで細いプラスティックの容器に入った、バブルバスの素がありまして。。。プラザでのみ売っていたように思いますが、わたしはこの香りが本当~に、大・大・大好き♪で。。。わざわざこれを買うためだけに、はるばる汽車に乗って、当時のソニープラザまで出かけたこともあったぐらいに好きなバス用品だったのですが。。。ボトルのデザインセンスから言ってもまず、オーブリーではなかったと思いますが、香りはほぼ一緒。゜*T-T)ノ・・・こんな形で再びこの香りと再会するとは思ってもいなかったわ。゜・・・ありがとう、オーブリーさん♥

さて、シャンプーの方は。。「カモミール」というのでちょっとヤな予感(正直、カモミールの香りは得意ではなくて。。カモミールティーも、唯一?飲めないハーブティーのひとつ、というぐらいだったりで。。*///)ではありますが、洗い心地はわからないのでまずオーブリーの石鹸シャンプーを試してみて、マジックソープとそう変わらないようであれば、他の用途にも転用出来るというコスパ的にも、マジックソープのアーモンドを使っちゃおうかしら??などと目論んでいる最中です♪
(*^m^*)
[PR]
by o-bleneri | 2008-06-03 01:51


<< 遠くを目指して+。゜ ミネラルファンデ-その後+。゜ >>