<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

未確認飛行

機首を上げて
水を離れた金魚が泳ぐ

窓の中で紡いだ糸は
気紛れに引っ張られようと
キレたりしない

テンションが上下するだけで

河童の河流れ
離脱を続ける潮流からcall
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-30 02:36 | 創作

旅人の帽子

強引な北風などで、
旅人の心が開くわけもなく。。

なのに、
遠慮を知らない北風は、
条件さえ揃えば、
容赦なく吹き荒れる・・・。゜

*;-;)

本当に・・・
なんて自分は、弱い存在なんだろうと思う。



傷つけまいとする、
ストッパーとなっているのは、
ギリギリにでも、保っていられる。。。
良心の欠片なのか?



・・・見たくなかったかもしれない。
・・・知りたくなかっただろう。。

・・・けれどわたしは・・・後悔していない。
・・・それもひとつの…風景だから。



わたしは・・・意思を失って、
こんな強風を他人に向かって吹き荒らし続ける人間を・・・
心の奥底で、憎悪し続けてきたのかもしれない。

・・・・・愛していたわけじゃ、なかったのか?

*;-;*)

何が、起ころうと・・・
・・・わたしの心は、
変わらない筈じゃなかったのか?



どうすれば・・・愛せるのか、
果たして、自分は、愛せるのか、

試していたのか?

*;-;*)


[ 同 罪 ]

己の中に、等しくある罪を、
自戒出来るのは、幸福と思う。

一生・・・[それ]に、気付かなかったり・・・
怖れる余りに見て見ぬフリをして、
他人毎であるかのようなフリをしてみせたり、
門外漢のフリをして通り過ぎたり、
彷徨い続けるよりかは、ずっといい。

お互いにとっての・・・
愛を探す愉しみも・・・生まれるだろうから。

これは決して嫌味じゃなく・・・
心から、そう思う。



信じていたい。

旅人が・・・
心から安心して帽子を脱げる日
-

p.s.
わたしは遠からず、
この土地から離れるつもりです。

★・・・・・この地に罪はありません・・・・・★

ご容赦いただけると幸いです。
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-28 21:49 | 暮らし

Vitality

最近知り合った◆ちゃんに触発されて、今、遠藤周作を読んでいる。◆ちゃんは熱い。傍に居るだけで、ひしひしと生命力が伝わってくる。枯れてない。底抜けにOpenで、明るい彼女だけれど「こう見えても人の居ないところでは、結構悩むんですよー。」と言いながら、すっかり薄くなった無数の傷をチラリと見せてくれたかと思うと又、カラカラと笑う。
彼女曰く、本人は標準語を話しているつもりでも、いつもスローテンポの"尾の道弁"で、おっとり話す彼女のお姑さんに、わたしのノリが似ているそうだ。「なんか癒されるんですよね(^^)」と言いながら、次々に、色んな話を聞かせてくれる。

サブリミナル的に、自分の若き日に対話した…「ある方」の横顔が浮かんだ。今やっと・・・"その気持ち"を、すこしだけ理解できたような気がした。

*’-’)。゜

生命力に照らされた時、己の情けなさを実感することなど、
元来身も心もヨワヨワ&へなちょこな自分は、
とっくに慣れてる筈なんです?

それにただ、素直に感動するだけでいいのに・・・
心の中では、複雑なものが過ぎるということも、
ちょっぴし、わかっていたりする…☆

・・・・・人はそれをジェラシーと呼ぶのだべか。

しかしそれは・・・「比較するからだ。」ということも・・・アタマでは、わかってる。もともと違うものなんだから、比べても、しゃーないのだけれど、意識下で、比較しちまっているのだろう。

[それ]を、肯定すれば、負けん気だったりバネだったりするのかもしれないけれど…人それぞれのペースがあるんだし、比較するようなことじゃないと思うし、余計なプライドなどとっとと喪失して、みんなクラゲになればいいのに。.

・・・ぶつかって痛いのは、ヤだと思うからだ・・・☆
*>-<)o

ちなみにわたしは、まだ、ウニなのだろう。。

(って、ワケわからんですが...)



「そのままでいい」
「そのままじゃダメだ」

矛盾していようとつい、その【両方】を、要求してしまうのが人間なのだろうか。自分の中で、それに振り回されなければいいだけ、とは、思っていても。゜



たんぽぽの種

風に舞う一粒のたんぽぽの種
好きなものを、好きなだけ、好きである限り、好きだと思うこと、
そこからの…何者へも繋がらなさ・・・・・・・
そこなのだろうか。。。

じっと井戸の中を見る

・・・・・クスクスと笑うのは、さては、昨日の俺だな!?!?

フ+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-25 22:43 | 日記

サンストーン

a0013306_848675.jpg太陽の石+。゜

握りしめていると
暖かくなる・・・。゜
*///)

今、ここで
手を繋いでいられるような
安心感

大 丈 夫 +。゜

と、確信する。
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-25 00:24 | 暮らし

slash/

普段は見て見ぬフリをした【その箱】は
うっかり開こうと恣意的に開こうと
出会う時には出会ってしまう
境界への地図か

逃げるも戯れるもうろたえる前に開こうと
見て見ぬフリをしようと無いものにしようと
戯れて旅立とうと戻ろうと

そこはとても懐かしい場所で
生きてる先の静寂であるかのように
錯覚するけど

見てない場所は わからない



みんなギリギリ目を逸らすから
狭間を常時見ることのできる人はすくないのだろう
その手前でそれを扱えぬまま壊れるやつも多いだろう
けれど、見える人には、見える
逆・R指定なら、なおさらかもしれない
ベタつかないから

わ た し は 常 に ベ ト ベ ト だ け ど



万華鏡の中の6本目の道
それをやがて順番に飼い慣らす
その途中飲まれて空になるなら それはそれ
なんて残酷 子供は恐れを知らない
生まれてすらいないからだろ
いや 生まれたがるだけか

戻るって
なに

どこへ

おかしなことを言う

いつだって
此処にいるだけなのに



今は唯一の存在であれ
いつかは雑多の中の塵と消える
お互い様
悲しむようなことじゃない
早いか遅いかそれだけで

この涙もやがて消えて
ひとつの真実だけが残る

封印しようと
飾ろうと
変えようと

思い出にさせられるんだ
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-24 08:38 | コミュニケーション

人間の証明

ここ数日間は、実にハードな日々だった。。
そんな中、思ったこと

どんなに普段は、綺麗事を言っていても。。。
人間、切羽詰ったり、追い詰められた時ほど、
自分のエゴが丸出しになるもんだな。。と、痛感した。
*///)。゜

自分の意思を・・・通せるものなら通したい、それはお互い…一緒と思う。まずは自分の意思を明確にして、伝えて、折り合いをつけてゆくにはどうすれば良いのだろう?と、悩む。
この、悩む、という行為は。。伝える、と同時に・・・自分の意思を明らかにする、ってことなのだろう。

どれ程の思いを、自分が感じられるか・・・それには、対象なくしては、なにも感じない。
つまり・・・結局、それが・・・「愛」ってことなのかもしれない。
相手への思いやりや、幸せを願う心、それと・・・単なるエゴとは、確実に違うと思ってる。
わたしの中では・・・エゴと愛とは、別モノなんである。
時には・・・自分の中での・・・エゴと、愛との、死闘に近い感情も経験する。
それも又・・・人生の醍醐味なのかもしれない+。゜
・・・どんなにハードであれ。
*/;;/)

しかし。
どんなに「相手を思いやる」といっても、自分の主観の枠を出られない限り・・・相手の意思を確認しないことには、何も始まらないのだろう。一人になりたい時もあれば、触れ合いたい時もあるだろうし、自分が今、そうだからといって、相手もそうだとは限らない。それが、一致すれば・・・良いバランスが取れるのだろうけれど、そうじゃない時の方が多いぐらいに思っていて、丁度良いのかもしれないと思う。しかし、自分だけの感情に走ってしまうとそこら辺の見極めができなくなる。自分もそうだから、相手もそうだろう!?とか、自分の意思を伝えられずに、無理して相手に合わせてしまったり・・・しょっちゅうだ。

それでも。。。
こんな・・・(困ったぞ。。)という感じも、結構…嫌いじゃなかったりする。(*’=’)
悩みも、困りもしないままだと、人間・・・かなり、薄っぺらくなると思うからだ。悩んだ分だけ、大きくなると信じて。。

。。何でしたっけ??
ウイスキーのCM。。??
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-22 21:40 | コミュニケーション

願いごと

a0013306_17245318.jpg

愛する人の行方はいつも
芳香漂うものであって欲しい

願いはそれだけ

日が射して
満ち足りて
心の湖面は鏡のように
凪いだものでありますように+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-21 12:46 | コミュニケーション

もう二度と

辛い思いなど、しない
させない



わたしの暮らしてきた
歴史の浅い街では
百人一首といえば下の句詠みなのだ。
結果が先に詠まれ、経過が後にくる。

大抵の地域は
上の句が先とおもう
引っ張って、引っ張って、結論は最後にくる

それがディスコミュニケーションの
原因かもしれない。。

納得のいかない事実の羅列の中から
回答などない、と、
たとえ最後は暈けたとしても
「そういうことだ」と

それをただ、そのまま味わえと

深すぎる+。゜



確かに
今の自分の方向性のままで行けば
なんとも味気ない未来が
強引に待ち構えているような

人生設計やら年金やら子宝計画やら
すべて、今までの自分の人生には
すべてそぐわなかったし、
地図がないから、楽しめた。

「将来に不安はないの?」とは
大人に何度も聞かれた
その都度、「ない」と、言い切れてきた。

その究極
「何のために生きてるの?」
という質問には
「回答など、ない」
と、言い切ってきた。

それが、このザマだ。。。
(;-;)



理由など問わずに、
ただ、
この事実だけを受け入れろ、
そう・・・言っているのだろう
きっと

発狂しようと、
ふたたび人に心を閉ざそうと
お前の勝手だ、と

自分ひとりで別の結論を作り
対象をズラして没頭して
忘れてしまえ、と

「人はみんな身勝手なものだ」

こんな都合の良いことばで
逃げ続けるのがいやだった

逃避したくなかった
向き合える限り、向き合いたかった
納得がいくまで

結果はどうだ?

何十年向き合っても・・・・・
それが・・・
本心から出発しない限り
満足など、得られなかったじゃないか

わたしはそれを・・・そう、気付いた時点で
すっぱり捨てられるやつなのだ
本心に嘘をつくぐらいなら・・・決別できる、
それなら納得がいく

ただ、
「君を愛したことは、間違いだった」
それで・・・
・・・・・「ああ、そうでしたか」
と?

そう・・・納得しろと

間違いなんかじゃない

どんな過去も、嘘などない

どんなに飲み込みにくくても・・・・・それが真実

わたしは勝ったの負けたの多数決で
ものごと選ぶような真似はしたくない

自分の心で、結論を出したい
世界でただひとつの景色だとしても

日の出前
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-20 04:08 | 日記

旅立ち

a0013306_23561825.jpg新しい一歩を、踏み出しつつある+。゜
これも…愛する人の存在があってこそ。
ただ、嬉しい。(*;-;)

そのひとつひとつの幸せを、噛み締めている昨今だ+。゜

悪戯に人に背を向けたり、信じる気持ちを失いたくない。その気持ちがある限り、生きていけるんだとおもう。それだけは、いつ何時でも・・・譲らないつもりだ。

心の通じ合える人は、常に世界のどこかに必ず居る…
そう信じてでもいなければ、やってられない。

時には。。。
あらゆる思いを溝に捨てられたと感じたこともあれば、空しさを噛み締めてきたと、きっちり感じてきたからこそ、居ながらにして大切なことを学んでこれたのだと思う。
そのすべてを今一度受け入れ、感謝したいと思う+。゜

それが時には、逆境と呼べるものであったとしても、わたしはそこにも、何らかの意味があったと思いたいからだ。
人生のデフラグ。

今は、いつか見た、旅立ちの朝の匂いがする。
わたしは、自分が心の底から信じていたいと思うものを、
揺るがずに、信じ続けていたいだけなのだ。
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-20 00:13 | 日記

大ブロック

【個人的覚書】

☆宇宙的法則☆

ドアの前に道がある

(*’=’*)

使者は確かに昨日来訪した
わたしは多くの伝言を受け取った

6本目を動かせる人間は
そう居ない



Back

純白の蛾・窓辺で頓挫/脱出せよ

蚊のアタック/スクランブル

キャスリング

定石は無数にある

彷徨う涅槃


全 て う ま く い く 



襖越し
吾は止まれぬ火打ち石
身を妬く炎は内側に引っ張ったら消えた

            スインギング揺り籠
[PR]
by o-bleneri | 2005-09-11 10:16 | 時事