<   2006年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

予知夢?

少し仮眠を取る。
(* ̄= ̄*)。゜sppp
~~~~~~~~~~~~~~~
#♪☆#+♪

あまりにリアルな夢だったので、
忘れないうちに、記述しておくことに☆

-

夢の中で、わたしは二匹の子犬を飼っている。
一匹は茶色の大型犬、
もう一匹は白黒の中型犬、

最初のワンコの名前が・・***
(すごい長い名前。。)
白黒がアナベル。

-

場面ワープ

写真スタジオ?
レストラン?

明るい室内(店内?)で、
三人ぐらいの男女、

そのうちの一人・・・
ファッションは、
手書き風のデカTシャツに、
髪は・・・短めのボブカット?
で、風貌は。。
ヨン様+雁屋崎サン÷2
。。風な感じの方で、
その方は、わたしを気にいってくれている?
(。。と、私は夢の中で勝手に思い込んでいる。*=-=)
ような気がして、
わたしはデジカメで彼を撮ろうとする。

ズームしてみると。。

お肌が綺麗だ.....+。゜*´-`)

。。。

ワシ、今でこそ。。。
なんとか回復した?けれど、
ホルモンのバランスのためだったのか??
12歳頃より、ハタチをやや超えるまで、
ずーーーっと、顔面が真っ赤に腫上がる程のニキビに、
悩まされてまして...。゜
*>Д<)

。。当時は、もう・・・
それ以外のことなど、何も入ってこない。。。
ってぐらいに悩みまくってて、
当然・・?というか、親からは、
「そのうち治るんだろうから、気にするな。」
と言われるも・・・
そこは娘ココロ。゜(*;-;)。゜

その頃はホント誰を見ても、、、
「お肌の状態」ばかり気になってて、
これは・・・我ながら、普通じゃない??って程に、
めっさ辛い時代でした。。。
*ーー)o

。。9歳から、
実家のゴタゴタのこともあって、
拒食気味でもあったんで。。。。。
それも、影響していたんかな...???
*’’)

・・・その反動か!?
今では人様の2倍は、食べますけどねー。(笑)

・・・&
こんな風にカジュアルに話せるようになるだなんて、
当時は思ってもみなかったわネ♪

(^◇^)o

-

夢の内容に戻ると、

ふたたび二匹のワンちゃんの居るシーンへワープ、
場所は・・・ペットホテル?か何かのような感じ、
ある女性が、ワンちゃんの名前について、
他の誰かに話しているのを、わたしは横で聞いていて、

。。どうやらその場所は、海外?
担当者が外国の方?らしく、
その・・・伝えた「ワンちゃんの名前」と、
その名前を…何のためか??
ガラス瓶に、ステッカーで貼る必要があって、
その綴りが、どうとか。。。。

で・・・
いきなり、幼少の頃に過ごした実家が出てきて、
ピアノやダブルベッドやシャンデリア、
ダイニングテーブルや観葉植物・・・
わたしはその中で、茶色のワンちゃんと戯れている。
(*’’*)

...  ラ ブ リ ー +。゜

で、フェイドアウト。
(*^m^*)

-

。。。 ゴールデンレトリバーが欲しい♪
*'-')o゜

p.s.

そして・・・こういった、《自分の中の自然な願望》を口にしたときですら、
「自分の価値観」から離れられなかったり、
「それ」を、相手にまで・・・振りかざさずにはいられない?人ほど、
「贅沢言うな!(`Д´)o」だの、
それを…けしかけるようなこと?を、言ってきたりするものですが、
;--)=3

そういう人間関係とは、ホンっト!!(ちから)
・・・距離を置きたいものです☆
(><)o

・・・・・ 根拠なきマイナス思考なんか、大っっっ嫌い♪

あっかん、べーーーーーーーーーーーーーーーーーーー★
(・p・)

p.s.

って。。。

↑こゆ、攻撃性が。。。自ら、人を遠ざけてしまうんだべな。。。。。
*>-<)。゜

久しぶりに。。。
"ピンクオパール"の波長と、同期してみよう♪
(*'-')o

BE  COOL DOWN+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-29 23:31

もしかして。。。

そうじゃない?

(*ーー)。゜


やはり、《心の声》は、、、

・・・《完全に、相手と同じように聴ける。》
などとは。。。

決して、過信しない方が良いのでしょうね...。゜
*;-;)

けれど、

。。。 何度失意を覚えようと、

。。。。。。。。虚しさを感じようと、


「 聴こうとすること 」


。。。そこに、《新しい道》が、出来るのでしょう。

*///)ノ


。。。 わたしはそれを信じて、
明日を生きてゆくことにしています+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-29 01:47

我が心の、トルネード

気象のトルネードは、もちろん、防げない、
けれど。。。

心のトルネード

は、ある程度・・・いや、方法さえわかれば、
完全に・・・予測出来る?と、
わたしは、思っています。

(*・-・*)

時には。。。
幾重にも、絡み合っていようと・・・
そこには・・・「必ず、原因がある。」と、わたしは考えます。

もちろん・・・「抜け道」も。

(*’=’)ノ

-

気象のトルネードは、
大きな海や、山や、大気や・・・
《動かせない原因》が、折り重なって起こる。

海や、山や、大気を、動かせるならば・・・
気象のトルネードだって、操ることは可能だろう。

キングコングや、ウルトラマンや。。。マグマ大使?

あとは。。。

少年ジェッターや、ミラーマンや、タイガーマスク。。

。。。は、
戦力にはちと、厳しいかもしれませんが...
;^^



結論、


=A= その状態が・・・「快い」なら?そのままでいいと思います。
(*・-・*)

=Q= じゃないとすれば?


。。。手軽でかつ、「効果のある方法」は、色々、ありますが・・・


[1] 何らかの「シンボル」をご用意ください。
(例… パワーストーン、お守り、人形、etc...気軽に携帯できて、
持っているだけで安心感のあるものなら、何でも良いと思います。)

[2]その「シンボル」に・・・魂を、宿らせます。
(「儀式」の例・・・ 月の綺麗な晩、そのシンボルに宣言します。(アフォメーション)


「わたしはこの先、この[シンボル]を、わたしの守護神として生かし、
共にワークすることを宣言します。」


・・・といった風に♪*^-^)ノ

[3] これで準備は整いました+。゜

出来れば・・・その[シンボル]は、肌身離さず携帯し、
何らかの・・・《心のトルネード》を巻き起こしそうな事象が起こった際には必ず、
この[シンボルの存在]を、思い出してください。*・-・)ノ

そして、それが・・・

いつでも「自分」と「外の事象」との間に《結界》を張ってくれることが出来る

と・・・ 強く信じてください。

(*’=’*)+。゜

。。。これは、自分の心が、"その事象に囚われてしまうこと"から防ぎ、

【一定の距離】を保つことによって、その対象と【より自由にコミットできる】

ということを、意味します。
v(*^-^*)v

(このあたりは抽象的で、少し難しいかもしれませんが。。。。。。
なんとかイメージで。。ご理解いただけると幸いです。。)


///  【現実的な対処法を考える】のは、その後からでも、決して遅くはないと思います。 ///
(*・-・*)b

まずは。。。《 ご 自 身 の 心 を 最 初 に 》守ってあげてくださいね。
(*’-’)ノ+。゜

そしてこの・・・ "優先順"は"いかなる時"も変える必要はない、と思っています。
o(*・-・*)o




そのココロは。。。

互いに影響し合えるのは、素晴らしい+。゜
。。。「共に成長」できるのであれば。
*///)o

けれど。。。

※ 犠牲になっては、いけません。

※ 犠牲にしては、いけません。


これは・・・ どんなに近しい間柄だろうと、複数の「人」が存在する限り。。。
自分と仲間を、共に生き・生かすための「大原則」と、わたしは思っています。゜



。。。以上、 わ た し を 信 じ て く だ さ る な ら ばゼヒ、実行されてくださいね♪^^

・・・・・ 今日のところは、ここまでです。o(*^-^*)o


good luck my hearts +。゜
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-28 23:55

ボイズンベリーハニー、プレッツェル&パイライト

a0013306_23171574.jpg


S&Gの名曲、「スカボローフェア」のメロディーで、

♪ボイズンベリー♪ハニ~
♪プレ~ッツェル&パイ
♪ラ~イト

って感じで、歌ってみてくださいね!!

(*^m^*)

おそらく。。

ツェル&パイ

。。。の部分で、 

舌 が こ ん ぐ ら が り そ う に な る

と 思われます。。

!? ̄◇ ̄)o



で。


最近なんだかお肌がアレ気味なので。゜
蜂蜜&塩で、マッサージをしようと企てる☆
(*//)o

せっかくなので、
効果の期待できそうなものを!?

と思い、"マヌカ"と迷った挙句。。。
アントシアニンの含有量と、抗酸化作用、
そして・・・《「老化防止」の四文字が決め手》となり、
(って。。この時点↑で既に、年寄り臭いんですが。。。(汗
"ボイズンベリーの蜂蜜"にしてみました♪(*^-^*)o

食べる前から、いきなりお肌に塗るのも
なにやら勿体無いので...紅茶に入れてみると、
クランベリーのような、微かな苦味のある蜜で、
なんだろ。。野菜にも合いそう??な気がする。(*'')

田楽とか。。。

。。今度、西京味噌的な使い方を試してみよう♪
(*・▽・*)

-

写真下は、パイライトの原石。

最近、《決断力》が、欲しいんです♪(*^m^*)

ミラーボール状の淡いゴールドに、
岩塩のような結晶の入った、美しい石+。゜

・・・早速浄化し、アフォメーションと共に、
己の波長と同化させます+。゜*´-`)ノ。゜

(...↑オカルトティックなモノが苦手な方は、なにとぞ、聞き流してくださいネ-。
(A^▽^;)>

-

【 覚 書 】

。、。《何らかの事象》に、
深くコミットすることは、もちろん・・・素晴らしいことと思います。
(*///)

"自我関与"なきところに、「心」は、ない。

・・・心が痛む感受性があるからこそ、人。。。。。

・・・・・ それはわたしも、肯定しています+。゜

-

抜け出せ!

とは、わたしは・・・ 言いません。


............"感じるまま"に.............


... それが、わたしの・・・
"変わらぬスタンス"です。

-



-


。。。 必 要 と あ ら ば 、呼んでください+。゜

(*’=’*)ノ


 かしこ♪
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-28 23:24

Web進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫 / 筑摩書房/ISBN : 4480062858/スコア選択:

発売後すぐに購入するも、経済&マーケティングのお勉強に忙しくて、読みそびれていたので、今日、仕事の合間に斜め読み。

。。。ちょっと抽象的な表現が多く、すんなり入っていきにくいものの、、、
A///)決して、感情的な私情に走らず、淡々と状況を捉えてゆく視点は・・・流石に、シリコンバレー経由・はてなの方、平たく言えば、理知的なのでしょうねー☆
(*・o・*)

。。。わたしの視点からは、正直・・・ようわからん、な部分が多かったですが、
印象に残った考察が、

以下、要約です。・・・斜め読みなので、かなり間違って解釈してるかも。゜
(汗)

---概約---
いかに「玉石混合」とはいえ、blogの台頭によって、表現手段を持たなかった層までが…一斉に表現の場を得たことにより、これまで然るべき手続きを踏んで表現活動をしていた雑誌・新聞・書籍関係者を始めとした、いわゆる「物書き」の権威が脅かされる。

よって・・・「ネットは悪」といった叩きを率先して行っているのは、そういった層であろう、と。
(*'-'*)o

(記述はありませんが。。。 もちろん、そんなこととはお構いなしに、WebはwEBなりに、進化を遂げてゆくだろう。。。というのが、著者の言わんとすること?でしょうか???

・・・・・ちゅいますか、、、
個人的には、6年以上前、いや・・・10年以上前から、、、、「オンラインでの繋がり」=リアルな友人とは、限らず。。。その「関係」は、重複しているような、していないような。。。
そんな…独立しているかのような"微妙さ"を感じていた方は、沢山居たと思いますけどね.....
?’’)

わたしも。。。リアルなお友達と「平行」して・・・「モバイル内"だけ"のお友達」も、大勢いたし。
もちろん、バーチャルな別キャラと平行していたワケじゃなく、どちらも・・・自分?ではあるけれど、如何せん・・・WEBのような「ノンバーバルコミュニケーションを排した交流」では、誤解も多いという懸念もあり、関わりが出てくる地理的状況も、自分の理解を超えた(?)地域との交流も多いべし…所詮、限界があるという覚悟もあった。

。。。と、昔から・・・どこかしら、分けて捉えていたところはありますが・・・

それでも、WEB上だけの繋がりで、何度か涙したこともあれば、、、、(_*;-;)_
励まされたこともあり、笑い、集い・・・

これはこれでやはり・・・見る人から見れば、どんなに「架空の世界」と、みなされたとしても、
わたしは・・・SNSが登場する何年も前より、こういった世界は・・・
【(半)独立した、立派なコミュニティ(コミュニケーション)】と感じていたし、
そういった意味でも。。。
wEBがわたしに与えてくれた恩恵や、その影響は・・・計り知れないと思う+。゜
(*’-’*)

そして、こればかりは。。。ライブや、社会経験同様?
「自分の肌身」で感じない限りは、どんなに言葉で説明しても、難しい。。。
と、感じるワケですねん.....。゜
;///)ノ

そして・・・「体験した人」OR「しない人」の格差が、どんどん開いてゆく。。。
のは、仕方がないことなのでしょうね???

そのうち、「や~めた。」って方も出てくるでしょうし、一方、どんどん・・・「手放せないツール」として、生活の中に一体化する方も、増えるのかもしれませんし。。。。。

多分わたしは。。。

「無くちゃ死ぬ。」って程ではない??とは思いますが、(笑)
少なくとも・・・wEBと、現実の融合?みたいな状況への抵抗は、殆どないかも。
(*・-・*)ノ+。゜


。。。脱線しましたけれど。
*///)O

で、

内容も多岐に渡ることにより、今までのようなステレオタイプなカテゴリ分けも崩壊し、それぞれが勝手な枠組みで、「お気に入りの編集」を行ってゆくだろう。と。

そして、その…探しものの際の、マッチングキーワードは、

「ふーん、なるほどねー。」感。

である、と。

-----------

・・・ ?


それって・・・《自分とはかけ離れた異文化》を、敢えて求める、というよりかは、、、
「共感」だったり、「共有意識」といった。。。いわゆる、「保守的なノリ」、
ってーわけですかねー??
?・-・*)

。。。 ふ ~ ん 、、、な る ほ ど ね ~ ♪
(↑結局、共感してるし。)
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-28 01:04

annnabel

a0013306_1628988.jpg


撮影用に先月よりお願いしてあった、
アナベル(アメリカ紫陽花)が届いたと連絡があったので、
ホテルのお花屋さんに取りに伺う♪

グリーンがかった小さな花がボール状に集まった、
ナチュラルかつ、優美なお花+。゜

最近、紫陽花が気になる。

他を圧倒するような、派手さはないけれど・・・
着実に空気に溶け込み、
自分の「生」を淡々といきているような・・・
そんな「誠実さ」を、感じるのだ。

(*'-'*)。゜

-
・・・ わたしが長い時間をかけて向き合ってきた、心の綾。

それをなんとか形にできないものか?
ということは、自分の中でずっと考えていた。
(*'-'*)

わたしはこれまで自主的に心理学を学んできたんですが、
テーマは・・・「自尊心の再構築」に関することが、
殆どです。(*・・*)

平たく言えば、「心の自立」というのが、
わたしの研究の最重要テーマなのだ。(*'-'*)o

なぜなら・・・
それは、わたし自身が願って止まない。"夢”だから。
(*///)



結婚している or していない、
経済的に自立している or いない、
友人・知人の数・・・

そういった表層的なことは、
まるで無関係ではないかもしれませんが、、、

「それ」は「それ」だ。

≡[*・-・]≡。゜


環境ばかりが人を作るわけではないのかもしれないけれど・・・
自分がそれを「選ぶ」or「作る」ことは、
常に可能なのだということは、忘れたくないものだ。
(*'='*)

人生の中で・・・
「捨ててもいい荷物」=「ゴミ」があるとするなら、

自己否定

他者否定

・・・いろんな理由から、
それが容易に払拭出来ない場合もあるかもしれないけれど。。

わたしは、断言します。
*///)

そこに囚われる限り、間違いなく・・・
貴重な時間を浪費しますからね.....。゜(*><) 。○



Change The World




-

「 自分で自分を責めることなんてない。
頼まなくても、誰かがやってくれるのだから。」

by.Albert Einstein

-----

。。。今は空論でもいいのだ。
(*’’*)

自分が描いたヴィジョンは、必ず何らかの道を開いてくれる。
自分が描けないヴィジョンとは、交われないのだ。
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-26 16:28

と思いましたが、

やっぱり、書いてみる。
*'-'*)

OUT PUT
・・・人生の「出口」も、いろいろとあるものだ+。゜

自分が多角形であればある程、
面をすり合わせる面も増える。

楽しみも数倍、煩悩も数倍。

・・・時には、《自分のため》に、
それを収束する必要がある場合もあろうけれど、

自分は・・・・・「ごく近しい誰か」を安心させるために、生きているわけじゃないのだから。゜
「どの角度から見てもわかりやすい人」などに、なる必要はないのだ。
(*'='*)

その都度「言葉足らず」との謗りを受けようと、
そればかりは、相手の理解力に委ねるしかない場合もある。

高度で、複雑な人格であるほどに、環境を選ばなければ・・・・・
そんな無理解な輩に、簡単に押し潰されてしまうのだ。゜
*>-<)。゜

-

水を求めて三千里。
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-25 00:18

人を信じる心

///  今暫く、事業に専念したいと思いますので、
これを最後の投稿としたいと思います。(*^-^*)o  ///


わたしは「自分一人が正しい」だなんて、
決して思っちゃいない。

随分と人を誤解してきたと思うし、
今でも、誤解していることは、多いかもしれない。

全てを分かり合えているだなんて、思っていません。

けれど、「解り合える筈がない!」と諦めたり、
それが、いつまで経っても解けぬままにいるのであれば、
それだけは、残念でなりません。

どんなに時間がかかっても、それだけは忘れたくない。

人を信じようとする気持ちは、自分から捨てない限り、
消えることはないものだと思う。

私も何度、捨てそうになったかわかりません。

去年からも、随分とダメージを受けるような出来事だって、
沢山経験して参りました。

けれど、だからといってこの先も、
「誰も信じたくない!」とは、思いたくない。

いつかはわかりませんが、わたしは必ず幸せになります。

か な ら づ 、な っ て み せ ま す +。゜
o(*’-’*)o

-

なので、みなさんも・・・どうかこの先も、
人を信じて、歩まれて欲しいと願っています。

「誰にもわかるわけがない」だなんて、
決め付けたり、諦めないで欲しいと思う。

周囲の人間にしてみれば、
それほど寂しいものはありませんからね...。゜
*><)

日々、色々と不安材料はあるかもしれませんが、
心がOPENである限り、道は開けます。

それを、信じてください。

それでは寒い日々が続きますが、
暑いところもあるかもしれませんが、
どうか御身体を大切にして、ご自愛下さい。



かしこ。
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-12 14:11

family secret

わたしにとっての「家族」とはまるで、
【 噛みあわないパズルのピース 】のようだった。

子供の頃から何度、それが円満に収まることを願おうと・・・
そこに平和が訪れることはなかった。
(*’=’*)

けれど、 それを特別に美化することもなく、悲観することもなく、
《そのままの形》で、受け入れようと思った。

More
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-12 07:41

自分に涙を許すこと

小学生の頃から、
わたしは人前では殆ど泣いたことがない。

いやそれ以前、幼稚園でも・・・
殆ど泣いたという記憶が無い。

今までの人生の中でも・・・
(何度、泣いただろう?)という程度だ。

More
[PR]
by o-bleneri | 2006-06-11 22:31