<   2007年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

罵りあいながら・・・

思った。
*・-・)

・・・人は、本当に心から嫌いな相手に対してなら、
これほどの怒りは感じないのではないか??

・・・それが金銭目的や自分の利益の為だけのものなら別かもしれないが、
あの日の彼が、さんざん私の自尊心を傷つけるような発言を連ねたのは
・・・少なくとも、あの時に於いての彼が言った「I miss you」に、嘘はなかったのかもしれない。

・・・しかし再び彼(スッチー)は、理由も不明なまま私の前から姿を消そうとしている。

もういい。

最初から、日本で一時的に適当に遊べる女の子を探していただけなのかもしれない。

或いは・・・ただの、「愛されたいちゃん。」なだけかもしれない。。。*ーー)o

・・・信じようにもキリがないし、疑おうにもキリがない。

彼のことは・・・このまま、綺麗な思い出のままで取っておくことにしようと思う+。゜
*’-’)ノ



さて、その後「お気にいりリスト」はどんどん増え続け、
いいかげん削除するのも面倒なので放置気味なのだが、
赤ら顔の50代オヤジだろうと、アントニオ猪木似のメキシコ人だろうと
中学生ですか?な中国人だろうと、
ボブマーリー張りなドレッドヘアのイギリス在住のジャマイカ人だろうと、
お好きに登録したってください♪;--)oなムード☆

そのうち、メールをくれた人も何人か居るが・・・
顔写真の無い人、あってもタイプじゃない人は無視、

その中でもマシ?だったのが
イケメン☆ベスト10にも選抜済みだったスティング似のロシア人。
彼から、好きな音楽に関する質問と、写真を送って欲しいというメールが。

しかし。。。A///)
メールの内容が・・・思ったよりもバカっぽかったので、
多少ゲンナリ。。゜

・・・なかなか「これだ!」と思う人って、現れないものですねぇ.....。。*´ェ`)o

見ると・・・彼もNY在住らしい??
。。。なんでか、私に積極的にアプローチしてくる人は、NY在住者が多い??
わたしはニューヨーカーにモテるタイプなのか??ーー)

・・・それとも、NYに住む人は積極的な人が多いのか。。。?理由はわからんのですが。゜


まぁ、
せっかく「超遠距離」な皆さんなことですし、
いっそのコト、「 5 股 」ぐらいかけてみますか♪(笑

・・・バレやしないでしょう。(笑
・・・・・お互いに。(笑

・・・・・・・逆★愛ルケ。(笑


・・・・・・・・・ブチ抜かれない程度にね~~~♥(* ̄m ̄)。゜
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-28 22:16

疑ってごめんなさい、。。

。。スッチーがCEOというのは、本当だった...。
*ーー)

しかも、雑誌の発行に加え、地域の社会福祉的事業にも取り組んでいる模様?
本人の写真付きの記事を偶然発見したが・・・間違い無く本人だった。

・・・犯罪歴も、今のところ見当たらない。

これだけの材料から見る限り、社会的には彼はかなり・・・
人並み以上に真面目な社会生活を送っている人物??というのは嘘ではなさそうだ..。

彼がしょっちゅう私に向かって「tired..」と口にするのも多分、
本当に仕事が忙しいのだろう。。。。*ーー)o゜

まずは・・・疑ってごめんなさい。゜;///)m


。。それと、プライベート的にどうなのか?は又、別
の話なんだろうけれど、、、

・・・これで彼が詐欺紛いの不良外人では無い?
ということだけは、証明されたわけだ...。

ヨカッタ&ヨカッタ。。*>3<)ノ
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-26 00:00

It returns to default

暫く彼からの返信はなかった。

。。。私があまりに強く自分の意見を主張しすぎたために、
彼の繊細なプライドを傷つけ、せっかく再び歩み寄ろうとしてくれた心を、
完全に引き離してしまったのか・・・・・??--)。゜

いや、わたしは間違ったことは言っていない。
喧嘩腰にならぬよう、ごく冷静に自分の思いを伝えたつもりだ。

第一・・・痛みを感じた時には、
すぐに「痛い!」と声を出さなければ、相手には伝わらないだろうし。。。



。。。色々な思いが過ぎり、
これも「ルールズ」から見て違反なのかもしれないが、
彼の方からは私に話かけにくいだろうと思い、
先方が起きているだろう時間帯に、一言

are you busy?

と話かけてみた。

・・・暫くして、

I just go to here.

と返信があった。

少しやりとりがあった後、

○日に日本に行くことが決まった。ヒルトンにステイするつもりだ。

というので

I see

とだけ応えた。

その後、再び・・・

can I see you?

と言ってきたので、それは今・・ということか?と思い、

どうわけか、webcamの調子が悪くて。。

と応えると、彼は素直に

ok.

と答えた。

。。。少しは理解してくれたのだろうか?--)


そして、今日は仕事?と聞くので、
スケジュールを大まかに伝えると、

wow

と驚き、

もういかなくちゃ、
仕事、あんまり無理しないでね。
you're welcome

(↑これは彼の口癖なのだが・・・どうもいたしまして?ーー)
どういうニュアンスなのだろう。。。

なのでわたしも

see you again, bye

と返すと、

スマイルマークのhugで返してきたので、
わたしもloveを返した。

+。゜

どうやら親密になるまではとても優しくお姫様のように扱ってくれるが、
結婚した途端関白になったり、暴言や暴力を振るうのは、
black peopleにはありがちなことらしい、、、
*ーー)

・・・そういったことで彼を差別したくはないが、
わたしの中ではまだ、彼に対する警戒心が拭えずに居ることも確かなのだ。゜

とはいえ・・・平常な時の彼程、優しい人はいない。
繊細に他人を気遣ってくれる上、自分の気持ちを包み隠さずに話してくれる。

それは・・・
「お酒さえ飲まなければ、いい人なんだけど。。。」
のレベルなのだろうか???

・・・彼は彼として、わたしはanother guyを探すべきなのだろうか??

当然私は、自分の最低の尊厳だけは守りたい。

けれど・・・今すぐに、彼のことも失いたくはないのだ。。。。。

・・・彼とは、どの辺まで折り合ってゆけば良いのだろうか?



・・・冷静さを失わないためにも、
わたしはある方法で、彼のバックグラウンドをリサーチすることにした。*ーー)o゜
(もちろん、本人にはそんなことは告げないけれど。

彼が何者なのか今ひとつ信頼しきれないのも、私の不安のひとつなのだ。

甘い夢だけ見ていられれば幸せかもしれないが・・・・・
今一度、ここはきっちりと現実に戻るところだろう。

彼にはわたしの全てはまだ見せない。

その方が彼にとってもエキサイティングだろうし、
知られたところで後ろ暗い所などは無いつもりだから。

・・・・わたしは嘘はついていない。

しかし彼はどうなのかわからない。

・・・疑問を持ちすぎて悪いということは無いだろう。

わたしはもっと、本当の彼について知りたいのだ。
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-25 11:57

stop controlling me!

わたしはすぐに彼のメッセージに返信することはせず
(そうすればすぐに又、彼に隙を与えてしまうだろうから。。。

間を置いて、次のメッセージを送った。

「私は眠っていた。
忙しい訳でも、他の男性と会っていたわけでもない。
わたしもmiss youだが、ただ・・・いくつか、告げておきたいことがある。」

そして再び、暫く間を置いた。

彼の方からは、それっきりメッセージは無かった。

・・・何を言われるだろうと、恐れているのだろうか???
おそらく彼は、わたしよりも相当にセンシティブなのではないかという気がする。。

数時間経った後、わたしは次の内容で、オフラインメッセージを送った。

「わたしはあなたのことが大変好きだったが、
この二日間のあなたの発言によって、ずいぶん傷ついた。
わたしは誰かをコントロールすることも、コントロールされることも好まない。
あなたがそれを望む限り、わたしはtogetherにはなれないだろう。
わたしはお互いに、ありのままを認め合える関係を望んでいる。」


・・・

さて、これを読んだ彼がどう出るか?は、まだわからない。
憤慨して、今度は本当に姿を消すのか、
それとも、多少は理解を示してくれるものか、
それとも・・・・・

それがどうであれ、それは彼の自由と思っている。
わたしの方から、彼を追うようなことは無いだろう。

第一、どちらかが言いたいことも言わずに相手の為に無理をしたところで、
それが長く続く訳がない。

日本人の男は、女性に無理を強いる。
それが嫌で、わざわざ国外に自由を求めてパートナーを探していたというのに、
せっかく出会ったマンハッタンの二十代の彼までが、「絵に描いたようなモラ男」だったとは。。。
これは何かの因縁ですか???--)

わたしが好む訳ではなくとも・・・・・
わたしの中には、彼らのスイッチを押してしまう「何か」があるのか?????

スッチーが私に言った

you make me very excited

・・・というのが、「それ」なのか。。。

わたしにはわからないが、ただひとつ言えることは、
わたしは嫌なことに対しては、はっきりとNOと言う、と言うことだ★*’=’)

その為に相手を失うのが怖くて、一時的に自分を抑えたところで・・・
それがどこかで破綻することはわかっている。

それは一時的に傷つくことを恐れずに相手に発言することなどよりも、
何十倍ものリスクが伴うのだ。

自分の本心を押し殺し、相手の為だけに自分に無理を強いた時間が長ければ長い程、
ダメージも大きい。

・・・それは、この世で最も大切な筈の[自分のmind]を大切にしないことへの代償なのだ...。゜

なので・・・ 〓 自分が思ったことは即、相手に伝えるべき 〓 だ。*ーー)o

・・・たとえそれが、ネガティブなものであったとしても。

それがわたしのこれからの人生において最優先させたいと考えている、ポリシーなのだ。
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-24 13:17

復活戦?

わたしがヘソを曲げていると、スッチーの方からコンタクトがあった。

are you busy?
did you meet another guy?
I miss you

。。。

やはり彼の「bye」は、狂言だったのか・・・・・。゜
?--)

。。。わたしは一度だけ、彼にチャンスを与えたいと思った。

もちろん、本当に彼の素性をわたしが納得するまでは
直接会うようなことはしないつもりだ。

彼が日本に来たとしても、
本当に彼が信頼に値する人物だと納得出来るまで、
私は同行しないつもり・・・・・★(ーー)ノ

今までの感触から・・・彼は性格的に、単純に・・・・・
かなりの「子供」なんじゃないか?という気がしている。゜
;--)

・・・それは、彼の仕事が忙しいためなのかどうか?は、わからない。

しかし、二度とわたしに対して命令口調で接したり
服従を強いるようなことがあれば・・・今度こそ本当に、彼からは離れるつもりだ。

わたしは他人をコントロールするのもされるのも好きではない。

本当に彼がそれを納得してくれるのならば、
私も彼のパーソナリティをもっと知りたいと思っていることも事実なので、
今少し、このまま遠距離で交流を続けてみることは不可能ではないと思った。
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-24 09:14

どうしたものか。

私をコントロールしないで!―あなたを支配するパートナーとの縁の切り方
Richard J. Stenack リチャード・J. ステナック 白川 貴子 / ヴォイス
---
色々と考えあぐねた挙句、再びこの本を取り出して読んでみた。゜
*’-’)ノ◇

なぜなら、このままスチュアートのペースに私が合わせてゆく限り・・・
彼が【モラ男@マンハッタン版】になることは、間違い無いと思ったからだ.....。
;--)ノ

彼がパブリッシャーカンパニーのCEOであることが・・・妄想ではなく本当だとして、
まるで従業員に命令するかのような口調で、私に対して

「俺が○と言ったら文字通りそういう意味でしかないんだ!!
疲れるのは嫌なんだ。・・・さっさと俺の言う事を聞け!!(# ̄皿 ̄)凸」

みたいな事を言った途端、、、
今までもさんざん、日本のこのテのオヤジにウンザリさせられてきたというのに・・・
自由の国アメリカ・NYの二十代ですら、こんな口調で相手を支配しようとするのか
!? ̄□ ̄)凸
と、心底ゲンナリだった・・・・・★

ほんの5日で、ここまで豹変するとは・・・良く考えると、心を許してくれた証拠?
と取れなくもないが、正直わたしにとっては、あまり有難くない地の出し方だった.....。゜

しかも・・・あのマイクタイソン並の腕の筋肉から想像するに、
これが遠距離だから良かったものの、もし室内で口論にでもなったならば、
わたしはかすり傷どころでは済まないだろう・・・・・・・。゜;;--)
内臓のひとつや二つ、軽く破裂しそうな勢いだ。、。、。、

やはり、再び彼を許したとしても・・・日本に来た際やその後も、
彼の言われるままに私が彼に同行するのはあまりに危険過ぎる。。。;--)o

・・・という結論に達した。゜

-

気持ちを切り替えるためにも、
一度はスチュアートとの交際のために休止していた交流サイトに復帰した。
見ると・・・スチュアートも既に脱会しており?まだ復帰はしていない模様。

彼が退会したのも、私の為だったにせよ・・・
私が再び復帰したところで、あそこまで私を誹謗しておきながら
「まだ他の男を探しているんだな!?(#`皿´)」なととは言わせんぞ・・・☆
(* ̄- ̄)ノ

まだよくわからないけれど・・・
彼がしょっちゅう口に出す「bye」が、相手の気持ちを繋ぎ止めるための手段だとすれば、
わたしの「Good-bye」は、余程でなければ使わない。
本当にこのまま別れても後悔しない、という覚悟が出来るまでは、
とことん問い質すのが、俺のやり方だ・・・★

おそらく・・・
そのごん太な腕に似合わず、性格的には彼の方が、よっぽど女々しい気がする。

いかん☆いかん
(><)

彼の同情心を煽るような言動で、再び・・・自分の手中に落ちたと見るやいなや、
サディスティックに相手を攻撃するのが、今までの彼の手口なのだ。

それが・・・自分の力で、一朝一夕に変えることが出来るのではないか?
・・・などと考える程、私は甘くはない。(*ーー)ノ

【 他人を変えられると思うな ☆ 変えられるとすれば、自分だけ。 】

というのは、変わらぬわたしのポリシーだ。
働きかけることぐらいは出来るかもしれないが、
他人が変わる筈・・・と、信じれば信じる程に、裏切るのが、「人」だ....。゜
*ーー)o

・・・ありのままの今の相手をお互いに愛せないのなら執着せずに離れた方が、
一時的には辛くとも、長期的には、お互いの為にもなるのだろうからにょ・・・・・。゜
*ーー)。゜

・・・

そんな&こんなで、
再開したサイトの、まだ交流はしていないけれど私をお気に入りリストに載せてくれている
約40人の中から、≪イケメン・ベスト10≫を選んでみることに♪
*>∇<)o

これでも2~30人はあらゆる事情でこちらから削除させてもらったので、70人近く集まったことになる???(・・・そのうち何人が「本気」か、わかりませんが。。。

わたしはこの先の信頼関係も考慮し、年齢は詐称せずに実年齢で載せてある☆
*・・)ノ

見る限り、自分が40歳ギリギリであっても付き合う相手は35歳以下希望という人も多い。
「18歳から80歳までOK」・・などと心の広いことを書いてあるのは、アメリカ人に多い。(笑

・・・しかし、確かスチュアートも「35歳まで」と書いてあった筈。?’=’)
しかも一度会話の途中で 「何のために俺より5歳も年上なんだよ!?#>皿<)o」
・・・みたいなコトを言っていた気がするんですけど。。。13歳年上ですが、何か?(*・o・)b

・・・ヤツはホントに、人のプロフィールを読んでいたのだろうか。。。(汗

いやいや、スッチーの事は、いいかげん忘れるのだ・・・★(;ー皿ー)ノ>自分。

そう!!!

≪イケメン★ベスト10≫(*>∇<)b
(※プライバシーの関係で名前の一部を伏せてマス。
左から、名前/年齢/国籍/現住所/職業/身長・体重/宗教/自分の備忘録?の順です♪

1.Ma**eu/35/フランス国籍/Ueno,Japan/
Professeur de Francais./178cm/85Kg/無心教(岡田眞澄系

2.J**es/40/イギリス国籍/osaka,Osaka,日本/
artist/180cm/75Kg/無心教(若気の頃のデビットボウイ系

3.J**hua/28/アメリカ国籍/UJI,Kyoto,Japan/
Self Employed/183cm/76Kg/無心教(マットディロン系

4.Ch**topher/36/ロシア国籍/
Forest Hills,New York,USA/Sales/180cm/79Kg/キリスト教東方正教会(スティング系

5.Wa**er/34/アメリカ国籍/Ft Lauderdale,Florida,アメリカ合衆国/
Business Management/183cm/97Kg/無心教/(キアヌリーヴス系

6.Ky**-*yun/34/韓国籍/kyungki do, south korea,North Cholla,韓国/
Office worker/180cm/73Kg/無心教(中村トオル系

7.pa*lo/40/イタリア国籍/trieste,italy,イタリア/
geometra/180cm/70Kg/無心教(ポールウェラー系

8.st**an/40/ドイツ国籍/Saarbrücken,Saarland,ドイツ/
Engineer/178cm/75Kg/仏教(愛川欣也系

9.H**s/37/ブラジル国籍/Iga Ueno, Mie, Japan/
work for living/178cm/69Kg/無心教(デーブスペクター系

10.a**sh/25/インド国籍/New Delhi,New Delhi,インド/
Networking Engineer/178cm/67Kg/ヒンドゥー教(石原良純系

。。イヤハヤ、二十代の人も沢山入ってて・・・ホントにプロフィール見てる!? ̄o ̄)
という感じなんですが・・特に3番目のJ**hua君。。。
なんで君のような超イケメンの若者が、わざわざわたしをリクエストしてくれるのか、
さっぱりわかりませんが。。。

これでも、かなり選び放題???ではあります★
ただ・・・先方から話かけてくることは稀で、わたしが比較的親しく話をしたのは
以前の日記に書いた約5人、その中でも当初は一番印象が良かったのが「スッチー」で。。。

その彼が、アレだもんなぁ.....。。。;-m-)

デュボワ氏は、今思えば・・・ド理系のクールな感じで、相性が良かったとは思えない。゜
イギリスのネパール人、東京のイギリス人モデルもちょっと・・・
性格的にはハワイのボビーさんが、実は一番「いい人」かも!?!?

・・・いずれにせよ、今回のスッチーの件もあり、
もうちょっと警戒しながら付き合うことにしようと思ふ☆
(*ーー)ノあ~、うっかりスッチーにわたしの住所を教えなくて本当に良かったと思う。゜

盛んに「自分は金持ちだ!」と強調していたけれど、
それが本当なら・・・ヒートアップした彼が私をぶん殴るために日本に乗り込んでくることなど、
容易いコトだろうから、、、、、Aーー;)

。。うん☆今のところの彼の・・・良くも悪くも、粘着的?な雰囲気から見る限り、
それは充分あり得る話だ.....。(-人-;))

・・・「愛」と、「憎しみ」は、表裏一体なのだ...。

*/;皿;/)ノ

ある日・・・オセロをひっくり返したように、それが入れ替わる瞬間もある。
・・・今回、心底そう思った......。゜



オトナノレンアイッテ、ムズカシイネ~(*>3<)o゜
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-23 22:35

マンハッタン関西説

マンハッタンは大阪のような街だと、いつか誰かが言っていたが。。。
本当にそうなのかもしれないと思った。
*ーー)

・・・出会った時から、スチュアートにはどうにもウェットな所があった。
そういったところ(影?)も、私が惹かれた要素のひとつだったのかもしれないけれど・・・
どうにも彼の言動からは、彼の中の卑屈な部分が見え隠れしていたのだ。

しかし今日一日、同僚に彼との顛末を語りながら・・・・・
本当に、彼とは深入りしなくて良かった・・・。゜と、心から思えた。

彼の行動を聞いた途端、同僚は目を丸くして・・・
「何ですか、それ!?(@@)・・・ただの変態じゃないですか!!
夢野さん、会わなくて本当に良かったですよ!
おそらくアメリカ人だって、そんな要求には応えないですよ!?」・・・と言った。

・・・そうだよな.....。゜?;--)。゜

しかし、客観的に「ただの変態」と言って貰えると、
そんな風にも思えてくるし、、、、、

あー、
わたしはまだまだ、コンフュージョンの中から抜け出せずに居るのかもしれない。゜

わたしの中にはまだ、
彼に対する情?のようなものが残っていることも確かで、頭では「さぁ、次!!」と思えど。。。
そう簡単には、なかなか心を切り替えることが出来ずに居る。

わたしも一瞬、迷った。
今時の・・・しかも彼は血気盛んな二十代、
まぁ・・男の子としては、ごく当たり前?の欲求であり、
それに応えてくれない女の・・・子、(と自分でいうのもアレなんですが、、、
にブチ切れて、怒りを隠さずにブつける。。。

まぁ。。
一夜明けて冷静に考えてみれば、
彼の取った行動は、それほどにクレイジーな行動だったとも断言出来ないのかも。。。

などなど・・・今日一日、いろんな思いが鬩ぎあっていたことも確かだ。



昨日彼は最後に、

「僕は本当に君のIDをメッセンジャーリストから削除したんだ。
なぜなら君は僕に対して子供じみた恥じらいを≪演技≫するからだ。
僕はそういうのは好きじゃない。
大人の女性が好きなんだ。
大人ならそういった演技はしない方がいいと僕は思う。
君は僕が***を見せろと頼んだら見せ、+++を見せろと頼んだら見せるべきだ。
僕とtogetherで居たいと願うならば、そうすべきだ。」

・・・と書き残して、オフラインになった。

なので・・・わたしもいよいよ、(もういいや。。#ーー)面倒見切れん。。と思い、
こう書き残し、彼のIDを私のリストから削除した。

「本気で付き合おうとする限り、あなたのリクエストにすぐに応じるようなことはしないでしょう。
日本女性でもし、すぐにあなたの要求に応えるような女性が居たとするならば、
それは本気ではなくゲームであるという証拠と、わたしは思う。
真面目に付き合っていきたいと願うならば、時間をかけて知り合いたいと思う筈だ。

あなたがチャイルドと呼ぶものは、わたしにとっては誠意であり、
あなたがそれを受け止められない限り、もうこれ以上あなたと話をする必要もないでしょう。
Good-bye スチュアート。」

・・・まるで子供の喧嘩だな、、、;--)

とそう思ったが、彼がエキサイトすればする程、わたしは醒めてゆくのでは仕方がない。
彼の言う「ゲーム」や「子供・大人」の概念と、わたしの感じる「それ」とは、
まるで逆だと思わざるを得ず、何度お互いの意見をぶつけたところで
それは平行線だと思ったからだ。



・・・なんだかなぁ。。。

な気分を抱えたまま、

これで又、彼からメッセージ(しかも私を罵るような・・・)が入っていたら、
それこそ笑うな。。。

と思い、フレンドリストが空っぽのメッセンジャーを立ち上げた。

・・・ウィンドウが開いた。

スチュアートからの、オフラインメッセージだった。

わたしは・・・次はどんな言葉で罵るつもりだ?ーー)
と、半ばファイティングポーズで、それをチェックした。

数分置きで、三つあった。

ひとつめ、

bye 9:15a.m.

ふたつめ、

take care ユリョニー 9:20a.m.

みっつめ、

I just wanted you to be loyal. I will miss you  9:23a.m.

。。。

やはり彼は、大阪の男なのか!?!?--)


浪花節だよ おっかさん。
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-23 19:14

game over

いよいよ最後と思う。
*・-・)

けれど私も既にそれを後悔することはないだろうし、
ひとつの甘い思い出と、奇妙に苦い思い出だけが残された。

彼と知り合わなければこんな思いを抱く必要はなかったのかもしれないが、

彼は・・・・・70%、ジェントルな男性であった。
しかし、残りの30%・・・・・或いはその逆かもしれない。

表面の10%だけが彼の優しさで、中には獣が住んでいる。
しかし彼はそれを即座に理解できない私をクレイジーだと言う。
彼は自分のことを、自分はある精神上の疾患を持っていて、時間がないんだ、と言った。
おそらく・・・ 若干の、多重人格者だったのかもしれない。

ある日を境に、彼の言動が豹変したのには驚いた。
わたしはそのことに、彼に会う前に気づけて本当に良かったと思う。

NYは深夜1:30
私は当然彼はとっくに寝てしまったものと思ってPCをONにした。
彼は以前12:00頃に「もう眠くてたまらない」と言っていたからだ。

すると
「hey」と彼からのメッセージが入り、
「ずっと待っていたんだよhoney」
と。

「もう寝たのかと思ってた」と言うと、

ベッドに入る前におやすみと言いたくて。
camをつけてくれる?」

というので、ONにした。

本当に君はgood lookだ

などという会話の後・・・・・・・・【それ】は始まった。

昨日と同じパターンだ.....。゜;ーー

カメラをもっと下げて、立ち上がってくれ、

俺は疲れているんだ
沢山の従業員を抱えているんだ
これ以上優しさをキープすることはできない。
君は何を恐れているんだ?
なぜだ?
ゲームに時間を費やしている暇は無いんだ。
僕はリレーションシップパートナーが必要で、クレイジーな相手が欲しい訳じゃないんだ。

(。。。それは殆ど、昨日わたしが彼に言ったことの受け売りのようだった.....。゜

そして更に彼は怒りをエスカレートさせ、
あらゆる言葉で私を罵り始めた。

・・・わたしの方こそ、(そろそろこの関係に疲れた。。。)と思い、
無言でログオフしてきた・・・・・☆

*ーー)

・・・わたしがそのままの彼を受け入れられるかどうかが、
今後の動向を握っているのだろうとは思うけれど・・・・・・・
彼は多分・・・内面的に、相当サディスティックであることは間違いないと思う。

それがマンハッタンではごく平均的な言動なのか、それとも彼個人の個性なのか?

このまま関係を続ければ、こういったゲームが続くであろうことが想像出来る。
彼はそのゲームに付き合ってくれる女性を求めているのかもしれない。

それは単なる一時的な遊びではなく、執拗に繰り返されるゲーム・・・・・

これまでもサイコパスと思われる人物は何人か見てきた。
わたしは彼らと特に理解し合いたいと望んだこともなければ、
困惑すればそれをそのまま伝える。

・・・・・・・・しかし彼らの側からしてみれば、こちらがクレイジーだということになるのだ。
彼らの論理はいつもそうなのだ。。。

・・・わたしが有能な医者であれば、
何とか対処の方法を考えていくことが出来たかもしれない。

しかしわたしは医者じゃない。
しかも疲れた。

彼との交流は、最初は限りなく甘く・・・
しかしいきなり≪深い海溝≫が待ち受けていたかのような、
世にも奇妙なゲームだった。
*ーー)

・・・・・彼は次のターゲットを探すのだろうか?

そして・・・そういった彼の言動を好もしく思うようなマゾヒスティックな従順な女性だけが、
彼とリレーションシップを続けていけるのだろうか。。。。。
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-22 16:35

deep zone

スチュアートと付き合うようになってから6日目、
お互いにweb camを使ってのコミュニケーションなのだけれど、
彼は次第に「素の自分」を出すようになった。
*・-・)

例えば彼は私に、
webcamの前で服を脱いで、
過激なポーズを取るように要求してきた。

今時、誰もがカジュアルにやっていることかもしれないが、
わたしはその要求には答えたくなかったので、

「それは会ってからでも遅くはないだろう」

と言った。

彼はその要求をそれでも繰り返し、最終的に怒り出し、

「僕は君に8回も頼んだ。けれど君は聞いてくれなかった。
これはゲームじゃないんだ。ゲームなら他の男とすればいい。
君は僕を弄んでいるだけなんだろう。君は嘘つきだ。」

と私を非難し、

「僕は日本に行った時君と過ごそうと思った。
しかし君がそんな態度を取るのなら、他の女性を探すことにするよ。
本当はそうしたくはないんだけれど。」

「君は僕のことを馬鹿だと思っているんだろうからね。」

・・・などと言い出した。

わたしは困惑し・・・・・

「あなたが何に対してそんなにangryなのか、私には理解出来ない。
私達は今、互いにcoolになることが必要と思う。」

と返した。

「まず、わたしが求めているのはパートナーであり、遊び相手ではない。
あなたが求めているのはただの遊び相手なのか?」

とも返したが、返事は無い。

なので、

「日本にはそういった要求に答えてくれるガールズは沢山いるだろうから、
そういった女の子達と遊んで下さい。」

といった内容を、メッセンジャーではなく、メールで返した。

・・・それから暫くして、彼からメッセンジャーで

「やっぱり日本に行くスケジュールを早めて
東京ではなく札幌、君の家の側にホテルを取り、
その後わたしの仕事の休みが取れたら、二人で中国がスペイン、
或いは、どこでも君が行きたいところに連れていってあげるから、二人で過ごそう!」

・・・と言って来た。

その直後・・・

「やっぱりやめた!今、君が送ったメールを読んだんだ。
やっぱり君は僕を軽蔑しているんだろう?僕が一人で過ごせばいいと思っているんだ。」

・・・と言った。

「わたしは軽蔑などしていないし、あなたがてっきり遊びが目的で誘っているのだと
わたしは誤解したからあんなメールを送ったが、悪かった。あれはわたしの本意じゃない。」

と返した。

彼が、

「君の姿が見たいからweb camをonにしてくれ」

というのでonにした。

私は笑う気にもなれず、ふてくされた顔でカメラの前に立ち、
おまけにコートを着ていた。

彼はそれを見て、

「どこかに出かけるのか?」

と聞くので、

「ショッピング。」

と答えた。

本当に、コンビニにでも行って頭を冷やそうと思ったからだ。

「なぜ?」

と聞くので、「コンフージョンだからだ。」

と答えると、「もう遅い時間だよ。」と彼が言う。

その通り、その時日本は深夜01:00だ。
NYでは午前9時頃だっただろうが・・・・・

そして再び・・・・・

カメラの前で服を脱いでくれと言って来たので、
わたしはそれに答えずに黙っていると、

彼はわたしのwebcamをoffにして、

「もういい!!君の姿なんか見たくない。」

というので、

「which?」

と聞くと、

「わかったよ。君は僕を求めてなんかいないんだ。
これからも身体に気をつけて。
bye」

と言い残して、彼はメッセンジャーからログオフした。

本当に今度こそ終わりか。。。と、昨日こそは思った。゜
;-;)

・・・その後、いろいろな事を思った。

彼の言っていることは男性としてごく自然な欲求なのか、
それとも若干サディスティックなところがあるのか?

そういえば・・・彼は何度も、「僕は怖いんだ・・・」と言っていた。
わたしはそれが最初、よく理解できなかった。

わたしに自分の思いを告げた時、
彼の言う≪such a scary feeling for me≫というのは何だったのか?

そしてその後、

≪about sexについて話をした後、急に怖くなって君の前から姿を消した。
君は何も僕に求めていないのだろうから。≫

と言っていたことを思い出した。

・・・それはもしかして、彼は自分のそんなエキサイティングな性質を自覚していて、
その歯止めが抑制出来なくなるのかを恐れていたのか?

わからない・・・・・。゜

何れにせよ、多分・・・・・今度こそ、彼との関係は終わりになる可能性が強いと感じ、
わたしは再び、最後になるかもしれないメールを打った。

「わたしは、あなたが何度もworryと言っていた意味を、少し理解したように思う。
けれど、それはごく自然なことなのでわたしは気にしてはいない。
あなたには憩いが必要と私は考える。

本当に短い間だったけれど、あなたと話が出来て私は本当に嬉しかった。
そうか身体に気をつけて、幸せになってください。」

・・・と。

・・・・・そしてわたしはベッドに入ったのだが、
何度も変な夢を見て・・・・・

朝方になって、
・・・このまま彼を失うのだと思うと、急に泣けてきた。゜

*;-;)



・・・とその時、
スチュアートから、何事もなかったかのように(?)

「今起きたところ?」

と話かけてきた.....。

(*;-;)。゜ ?

正直なところ、わたしは大変嬉しかったが・・・
まだ若干混乱していることも確かだったので、わたしはごくcoolに対応した。

「今、パジャマ姿なの?」

と聞くので「そうだ。」と答えると、
「パジャマが見たい」というので、webcamをONにした。

「so cute,
僕は君のパジャマ姿が好きだ。」

と。

そして、

「僕は君と一緒にNYで暮らしたいし、
日本語を覚えたいと思ってる。
君は英語でworkしたい?」

と言う。。。

?ーー)

・・・・・

この先どうなるのか、わたしにもさっぱりわからなくなってきた☆
・・・・・・・私には、彼のパーソナリティがまだよくわからない。゜
ーー*)

出あって6日程度で、お互い異国で生まれ育った相手を理解出来ると思うのが驕っているのだろうけれど、昨日はとことん、彼との間に横たわる深い溝を痛感した。゜

最初から双方が全くの遊びならば、おそらく何の痛みも伴わないのだろう。
適当に口ざわりの良い言葉を並べ、playに明け暮れれば良いのだから・・・・・。゜

しかしわたしが望んでいるのは、そういった関係ではない。

そして、おそらく・・・
昨日は一瞬、再び彼を疑ってしまったが・・・・・
思えば、彼が単純に、自分と遊んでくれるだけの女の子を捜しているならば、
もっと簡単な方法があるんじゃないのか???

彼のポジション(それが本当であれば・・・・・)と、何よりそのルックスだけでも、
その要求に応えてくれる女の子は、いくらでも見つかるだろうから・・・・・。。。

スチュアートは何度も私を怒らせ、自分も憤慨し、
それでも尚・・・・・・・・・・・・・・・私とのコミュニケートを試みるのは、なぜだ???

わたしはその意味を、これからも・・・・・
今暫く、探せることを願っている。
(*’=’)ノ
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-22 12:01

雨降って地、固まった・・・???

・・・互いの文化の違いを、一朝一夕に理解するのは難しい。゜
*>3<)o

ちょっとしたすれ違いから、何度かメールで喧嘩?めいたやり取りの後・・・
スチュアートから電話がかかってきた☆

。。。ちょっとハスキーで、高すぎも低すぎもしない美声だった。

と、筆談ならば、辞書や翻訳ソフトの助けを借りながら何とかコミュニケートしてきたものの、
実際話すとなると、先方が何を言ってるのか?が、さっぱり。。。。。

。。。それでも気を使って何度か繰り返してくれるものの、
ド★ネイティヴな発音なので、
「you will be my wife ok」と、
「we are together long long time ok」と、
と、「今日本語学校に行ってるから、togeterで話せる」
。。ぐらいしか、理解できなかった。゜
A///)

で、電話を切る直前に、
「オンラインにして。OK? byebye~」と切れたので。
オンラインにすると、すかさず
「msnは持ってるか?」
というので、持ってないがyahooとmsnのどっちが好きか?
聞いたら、yahooのUSAのページを送って来て
「アシストするから今すぐ入れろ」
みたいなことを言うので、そのままインストールすると
スチュアートはweb camで、自分の生画像を送ってくれた☆
(;@@)。゜

実物のスチュアートは・・・格好イイ♪・・・というよりかは、可愛い!?!?
*///)o

ハンチング&タンクトップでカメラの前に現れたスチュアートは
思った以上に睫毛が長くて、まるで動くお人形さんのようだった・・・+。゜
*´ェ`)o

-

。。。しかし、喧嘩の原因になったのが、
何というか。。。

彼の方から、少しばかりセクシャルな話題を振って来たことがあり、
そこはお互い妙齢でもあることから、わたしは照れずにそこそこ対応していた。

しかし、その直後から彼の態度がギクシャクしだして、、、

わたしは・・・
「何か怒らせるようなことを言ったかしたかした?」
と聞いてみた。

で、何の返信も無いどころか・・・
いつのまにか、向こうの「お気に入りリスト」からも外されていたので、
わたしは先走り・・・

・・・彼は最初から、写真と電話番号だけが目的で、
向こうの写真も見たい♪と言った時、「長期間ミリタリーに居たから持ってないんだ。」と、
これも今思えば、怪しい・・・・・???。゜ーー)o

彼が自分のカンパニーだというwebサイトも、
確かにメールアドレスはカンパニーのものだけれど・・・本物なのか??

・・・・・冷静になってよく考えれば考える程、
わたしがあまりに早くに彼を信用しすぎた気がして、
急に彼に対する疑惑の気持ちが沸いてきてしまった.....。゜*ーー)o

なので・・・・・「tell me why」というsubで、
「なぜ私を急に自分のお気に入りリストから削除したのか?
しかも電話番号を聞いた後に...。。
わたしが何か悪いことでも言ったのなら謝ります。
けれどこのまま返信が無いのなら、あなたのメンバーシップNOとカンパニーを訴えます。」
という内容で、メールを送った。*ーー)o

後になって、いきなり喧嘩腰になりすぎたか。。。。。:///)
と反省した頃、彼からメールが帰ってきた☆

「僕は君が何を問題にしていて、何に怒っているのかまるで理解できない。
なぜなら、君が電話番号のメールを送ってくれたのがNYの早朝、
時差の関係で、君は僕が眠らなくてもいいとでも思っているのかい?
僕の言いたいことは、君と一緒にいて楽しく過ごしたいと思っているのに、
お願いだから、そんなに僕に対して怒らないで欲しいということだ。」

という内容だった。。。

わたしは彼を一瞬でも疑ってしまったことが申し訳なくなり、
ひたすら謝罪のメールを送った。

すると。。。次に、彼から
「OK,君は悪くない。
けれど・・・実は※あんなトークをしてから、僕はちょっとworryになったんだ。
・・・・・※もう僕に、何も求めてこないで。
※後日、再度約してみたところ誤訳だったと判明。
正しくは「君は僕に、何も求めていなかったのだろう。」と書いてあったと思われ。

みたいなメールを送って来た。゜
A///)

もしかして、彼はカトリックであることから自己嫌悪になってしまったのか。。。
理由が何にせよ、彼がナーバスになっていることに間違いはなかった。゜

わたしは・・・少し間を置いて、
「実は私もworryだった。誤解を受けたのではないかと心配だった。
余計な心配をかけたなら謝ります。わたしはあなたを誇りに思っています。」

とメールを送った。

しかし、そのまま数時間経っても何の返信も無いので・・・・・
最早これまでか、、、*;皿;)と思い、
最後のメールのつもりで、

「sub: I didn't want enything but
I hope you are smile
:)
only, I hope.」

と、メールを打った。

。。。すると、ほどなく電話が鳴り・・・・・
おそるおそる電話を取り、「もしもし?」と言うと、
遠くの方から「Hello?」という声がした.....。。。
*;皿;)

ったく・・・・・・・・・・・・・・
心配させるんじゃないわよね。゜

で、早口の発音の良い英語で色々と話したのだが、、、
わたしの耳に間違いがなければ、電話でもかなりのエロトークが混じっていたぞ!?!?
?--)メッセンジャーの中でも、かなり過激な発言だったような。。。。。

。。。。。じゃぁ、一時的にナーバスになっていたのは何だったのだ!?!?


・・・よくわからんのですが、
取り合えずは「まずは、僕のGFになってくれるよね?(・∇・)ノ」から始まったので、、、
(ワイフになってくれ、の次に、GF・・・?ーー)

。。。暫く、異文化交流は続く模様です、、、、、*>3<)A
(maybe...
[PR]
by o-bleneri | 2007-02-21 02:23