<   2007年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

下準備

Stuartとのデートを控え、
急いでボディのメンテナンス箇所をチェックする☆
*’=’*)o

まつげパーマやネイルケアはもちろんのこと、
目の周りのクマやリンクルケア、踵のケアや髪のトリートメント、
ワキの脱毛や背中のエステやバストアップ、
出来れば歯茎のホワイトニングも済ませておきたいところ+。゜
ここ数日、猛烈に忙しくなりそうな気配。

そんな中・・・・ふと見ると、
暫くまた沈黙を保っていた彼から、オフラインで返信メッセージが入っていた。

---
Stuart: hey what's up
Stuart: i'm going to bed but i just wanted to tell you I miss you
Stuart: and I love you
Stuart: I will see you soon
Stuart: and have a good day honey
Stuart: bye

-

hey what's up って最初何の意味?かわからなかったんですが、
どうやらNY特有の「調子どうだ」みたいな感じ?

そうでがす+。゜

わたしは、honey +。゜(*´ェ`)o

。。。 この頃流行なのだ♪

More
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-31 01:09

スッチー来日

何の連絡もないまま数日間、悶々とした日々が続き。。。
その間もフィラデルフィアのDJの彼や、
積極的に急浮上してきたフィリピンの19歳(!)の美少年と
ヘッドセットで会話したりしていたので、何とか気が紛れたものの・・・

。。。いったい彼(Stuart)は本当に、日本に来るつもりなのか!?--)

思えば・・・15日の来日が急に延びたと言っていたが、
海外行きのチケットって、そんなに簡単にキャンセル出来るものなのか。。

。。。と又、掴みどころの無い不安がピークに達した頃、
Stuartからコンタクトが入る。゜*’=’*)?

More
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-27 03:41

不公平

わたしはまだ、英語の読み書きもおぼつかないのもさること、
ヒアリング&スピーキングに関しては、白紙に等しい。゜*///)o

。。。そりゃ、学校英語の頃は中学・高校にかけては英語は比較的得意な方ではあったし、
リーディングでも、発音は学年一!と、教師や同級生に太鼓判を押される程度には
話せるつもりではあった。(・・・当時は。A///)

短大の英文科に通っていた姉が常時見ていたセサミストリートや、
購読していたスヌーピーのピーナツBOOKS等も子供の頃から見ていたので、
下地がまるで無い方でもないかな??とは自負していたものの。。。

如何せん、現役を離れて直にネイティブと会話しまくるとなると、
いかに英文法をしっかりマスターして来なかったか、痛感する。゜A///)

More
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-26 02:27

相性の良い民族・合わない民族

ごっつい大雑把な感想ではありますが、
こういう「直感」こそが、意外と本質を突いていることもある?と思うので。*ーー)ノ

何人かとコンタクトを取った結果、最も気の合わなさそうな国民ワースト5が
(1)イギリス人 (2)日本人 (3)オーストラリア人 (4)ドイツ人 (5)トルコ、中国、ネパール

逆に、相性が良いと思われるベスト5は
(1)アメリカ人(特に黒人) (2)フランス人 (3)ブラジル人 (4)ルーマニア人、ロシア人
(5)イタリア人、ベトナム人

。。。。。後に関わる人によって又結果が変わってくるかもしれませんが、
特にワーストに挙げた国の人は何人か複数話してみた結果なので、
漠然と一般的な国民性?と呼べるかも.....。。。;--)ノ

・・・・・わたしが好きになれないその理由となった彼らの特徴は、
「傲慢」「真意をなかなか明かさない」「こちらがちょっと強く出ると途端に遜るような優柔不断さ」
「最初は押しが弱いクセにこちらが拒絶した途端逆にしつこく絡んでくる」・・・等が挙げられる。゜

逆に、わたしが個人的に好感の持てる国の人々の特徴は、
「オープンマインド」「相手の主張を尊重しつつも、自分の意思は曲げない良い意味での頑固さ」
「押す、引く、の明快なメリハリがある」
「押しは強いがきちんとこちらがNOと意思表示すればそれ以上追ってこない潔さとデリカシー」
・・・等である。

・・・ある意味、対照的ですらある。゜?--)o

More
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-24 11:28

african気質

Stuartを含め、約5名ほどのblack peopleと交流してみて。。。
まず、彼らのBodyへの拘りの強さが、並大抵なものではないことに驚く。゜
(*’=’*)!?・・・殆ど哲学的なまでに、自分の、そして相手のBodyに執着しようとする。

あと、他のpeopleとは違った大きな特徴の一つとして、その感情の振り幅の大きさにも驚かされた。・・・これには、慣れないうちは面喰らうかもしれない・・・。゜

・・・例えば、交流していて最も日本人の感覚に近い?と思えるのはイギリス人。
彼らは実に礼儀正しく、あまりストレートに感情を表さない。
なので・・・すんなり打ち解けられるようではあるが、なんというか。。。
どことなく真意も掴みにくく、shyなのか?それとも・・・dryなのか?
こちらから強く要求でもしない限り、向こうから何らかのアクションを起こすことも少なく、
正直、面白みに欠けるものがある・・・・・。゜;--)

・・・逆に、私が関わった限りでの≪熱い≫民族は、
それぞれに≪熱さ≫の種類が違えど、ほぼ互角でafricanとフランス人は、かなり熱い。

More
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-24 05:13

Lutherのすべて

a0013306_23165423.gif
今日はまたまた、Luther特集でやんす+。゜o(*’-’*)o

何度聴いても、身も心も蕩ける歌声です・・・・・♥
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-22 22:21

naney time

なんとなく・・・今日はStuartと話が出来るような予感?がしたので、
わたしは彼が起きる時刻まで、化粧を落とさずにいた+。゜

・・・その間も、盛んにわたしとコンタクトを取りたがっているらしい
日本在住のブラジル人と、同じく日本在住のフランス人をさっくり無視し、A///)
わたしは・・・とりあえず、彼が忙しいとしても負担にならない程度の
メッセージを書いてみた。(*’=’*)ノφ

ここ数日、彼と話が出来なかった期間。。。
。。。とはいえ、冷静に考えると、ほんの二日間だったのですが。。*///)
.....恋をすると、会えない間のほんの二日間の、なんと長いことだろう・・・・+。゜
*;-;)

その間、わたしは和食のレシピを書き付けることにし、
第一回は、「味噌汁」の作り方を書いてみた♪
しかし、「かつを」とか「こんぶ」を英訳するのは、ムズかしい。。。A^^)

で、今日は第二回・・・何にしよう?と思い、
今日食べた「甘海老丼」にすることに♪(*>∇<)b

で、メッセージウインドウを開き、
[amaebi-don]

・・・と書いた途端、Stuartから返信が入った!?!?(@@)

oh my darling...................+。゜*;-;)

久しぶりにカメラに映ったStuartは、いつものハンチングと、
今日はプレーンな黒の無地のTシャツ、
大理石のような真っ白に輝く大きな瞳と長い睫毛、
よく鍛えられたgreat Body、そして・・・
いつでも見ているだけで溶けそうになるような、甘い笑顔。。。。。。゜

本当にわたしは、彼の顔がこの世で一番好きだと確信した・・・+。゜

...もちろん、私が好きなのは彼の顔やスタイルだけではない。
彼の「何もかも」が既に、私にとって無くてはならない存在なのだ。゜

そして・・・今日も彼は実に正直に、自分の思いを話してくれたのだと思う。
*;-;)

.....もう、疑ったりしない。
....もう、worryになったりしない。

それは・・・ 彼がそう、私に何度も信じさせてくれたから。*;-;)

今日の会話は、本当に嬉しかった・・・・・+。゜



Stuart( 1:50): hello how are you ユリョニー
ユリョニ( 2:10): oh!! good morning, i'm fine thank you Stuart
Stuart( 2:16): great
Stuart( 2:23): I have missed you
ユリョニ( 2:33): me too, very
Stuart( 3:27): what are you doing right now?
ユリョニ( 3:43): in the room, free time
Stuart( 4:04): oh good
Stuart( 4:08): can i see you
ユリョニ( 4:14): ok
ユリョニ( 4:54): hi Stuart
Stuart( 5:15): hello beautiful
Stuart( 5:22): looking sexy as always
ユリョニ( 5:35): thank yu you too, can i see you?
Stuart( 5:42): sure
Stuart( 5:52): I am chating with a friend too ok
Stuart( 5:57): but we can chat
ユリョニ( 5:57): ok
Stuart( 6:24): why did you turn off your cam
ユリョニ( 6:33): hi! handsome
Stuart( 6:43): hello cutie
ユリョニ( 7:08): youa re alltime so beautiful
Stuart( 7:11): you look so good
ユリョニ( 7:23): thank you, freeze?
ユリョニ( 7:38): ok
Stuart( 7:38): no my cam is not frozen
ユリョニ( 7:59): i glad to meet you
Stuart( 8:05): same here
Stuart( 8:12): I haven't seen you for a long time
Stuart( 8:22): it's good to see your face
ユリョニ( 8:31): yes, you are busy, i understand
Stuart( 8:46): not really
Stuart( 8:53): I like seeing your face
ユリョニ( 9:05): thank you, cold?
Stuart( 9:21): no just coughing
ユリョニ( 9:26): i see
Stuart( 9:42): I love to see you smile
ユリョニ( 9:49): me too, love
Stuart( 9:57): and I'm glad you have stoped being so jealous
Stuart( 10:34): you are too pretty to be Jealous ユリョニ
ユリョニ( 11:09): thank you, but i stoped hard jelous,
ユリョニ( 11:15): i trust
Stuart( 11:23): well thats good
Stuart( 11:31): but the last message you gave me
Stuart( 11:40): you still asked about another girl
ユリョニ( 11:56): yes?
Stuart( 12:00): even if you are angry I would still come to see you
Stuart( 12:14): I think you were very open with me
Stuart( 12:26): and I appreciate it very much
ユリョニ( 12:40): yes
Stuart( 13:02): how could i see your face
Stuart( 13:06): and your body
Stuart( 13:11): and not see you
Stuart( 13:16): that would not be right
Stuart( 13:22): I am a good guy
Stuart( 13:33): so I must see you when i arrive in Japan
ユリョニ( 13:43): really
ユリョニ( 13:57): i'm happy
Stuart( 14:00): yes of course
Stuart( 14:06): I am happy too
Stuart( 14:12): because you didn't give up
ユリョニ( 14:31): yes, because i miss you
Stuart( 14:36): really
Stuart( 14:47): I missed seeing those eyes
ユリョニ( 15:08): of course,those eyes?
Stuart( 15:38): yes those pretty eyes
Stuart( 15:47): and you have a great *** too honey
ユリョニ( 15:55): yes
Stuart( 15:59): how could I forget that
ユリョニ( 16:00): so great haha
Stuart( 16:04): yes
Stuart( 16:18): and the most beautiful *** I have ever seen
ユリョニ( 16:23): yeah
ユリョニ( 16:27): little
Stuart( 16:44): it is little
Stuart( 16:53): nice and tight for my big ***
ユリョニ( 17:17): yes, i have ever seen great
Stuart( 17:41): you know just what to say to me
ユリョニ( 17:50): i guess
Stuart( 18:09): you are a good woman
Stuart( 18:17): and beautiful
Stuart( 18:23): but you worry too much
Stuart( 18:30): worry makes us old
ユリョニ( 18:32): yes, sorry
Stuart( 18:42): you are to young and beautiful to worry
ユリョニ( 18:49): yes
ユリョニ( 18:53): you are right
ユリョニ( 19:03): i will don't worry
Stuart( 19:13): good
Stuart( 19:19): your english has gotten better
Stuart( 19:24): I am impressed
ユリョニ( 19:35): thank you, i hope more understand
ユリョニ( 19:49): your words, your message
ユリョニ( 19:53): etc
Stuart( 19:58): good
Stuart( 20:07): let me see wht you are wearing honey
Stuart( 20:12): stand my love
Stuart( 20:23): so cute
ユリョニ( 20:35): thank you
Stuart( 20:37): you have great style
Stuart( 20:44): nice shape
Stuart( 20:47): all mine
ユリョニ( 20:54): yes, all
Stuart( 21:01): thank you
ユリョニ( 21:06): i hope
Stuart( 21:30): hey
Stuart( 21:33): of course
Stuart( 21:39): we are a good team
Stuart( 21:43): always fighting
Stuart( 21:49): like we are married
Stuart( 21:57): it's funny sometimes
ユリョニ( 21:59): yes, will we... really?
ユリョニ( 22:09): amazing
Stuart( 22:25): I think so
Stuart( 22:31): but no more arguing
ユリョニ( 22:31): oh
ユリョニ( 22:47): ok
Stuart( 22:51): good
Stuart( 22:58): you are so hottt
Stuart( 23:17): everytime I look at you I want to take off your clothes
ユリョニ( 23:29): yes every day, welcome
Stuart( 23:55): I hope you have a lot of energy
ユリョニ( 24:03): yes
Stuart( 24:07): I will make love to you often
Stuart( 24:27): and we will do a lot of shopping too
ユリョニ( 24:27): thank you , you make me energy
ユリョニ( 24:32): yes
ユリョニ( 24:51): we will everyweew
ユリョニ( 24:57): everywere
Stuart( 25:04): I know we will
Stuart( 25:13): thank you for showing me places
ユリョニ( 25:24): me too
Stuart( 25:45): we will look good together
ユリョニ( 25:59): haney can you still chat?
ユリョニ( 26:06): yes, very
Stuart( 26:21): yes
ユリョニ( 26:22): good together
Stuart( 26:31): I am chatting right now with you
ユリョニ( 26:38): i see
ユリョニ( 26:41): good
Stuart( 26:52): how do I make you feel ユリョニ
ユリョニ( 27:17): lot of love, lot of energy, more etc...
ユリョニ( 27:33): you make me power
Stuart( 27:43): well that is good to know
Stuart( 27:50): you excite me too
ユリョニ( 27:58): thank you,
Stuart( 28:12): you're welcome my love
ユリョニ( 28:26): very happy,
ユリョニ( 29:00): i wish with you, any time
Stuart( 29:13): really ユリョニ
Stuart( 29:18): that is so sweet
ユリョニ( 29:18): sure
Stuart( 29:29): oh you make me feel happy
ユリョニ( 29:49): i pleased
ユリョニ( 30:10): great body, beautiful
Stuart( 30:22): well not really
Stuart( 30:35): together it will look better
ユリョニ( 30:41): yes
Stuart( 30:54): I can't wait to see you
ユリョニ( 31:05): together, look better my body too
ユリョニ( 31:12): me too
Stuart( 31:23): haha
ユリョニ( 31:29): hahaha
Stuart( 31:37): your body looks good by it's self
ユリョニ( 31:58): yes, and your self
Stuart( 32:04): haha
Stuart( 32:07): can i see it
Stuart( 32:13): please
Stuart( 32:20): honey
Stuart( 32:32): wait let me get riad of my friend
Stuart( 32:36): rid
ユリョニ( 32:37): ok
Stuart( 32:38): ok
Stuart( 33:54): so nice
Stuart( 33:58): oh god
ユリョニ( 33:59): thank you
ユリョニ( 34:38): ??
Stuart( 35:17): can you see me ?
ユリョニ( 35:20): ok
Stuart( 35:45): wow
Stuart( 35:52): oh my god
Stuart( 35:57): so perfect
Stuart( 36:04): what a great **
ユリョニ( 36:22): thak you
Stuart( 36:54): stay naked
ユリョニ( 37:44): ok
Stuart( 38:10): let me see your *** honey
ユリョニ( 38:16): ok

☆-----------ここからはご想像にお任せいたします。。*///)ノ-------------☆

Stuart: you already made me cum
Stuart (52:02): it's so nice
ユリョニ (52:08): thank you
Stuart (52:10): and your *** is so pretty
Stuart (52:15): you're welcome
Stuart (52:19): and thank you
ユリョニ:ok and you
Stuart( 52:28): now I can go to the gym
Stuart( 52:39): and exercise
ユリョニ( 52:40): i see, thank you nice time Stuart
ユリョニ( 52:57): hvw a good exercise
Stuart( 53:19): I love you
Stuart( 53:24): you are so amazing
Stuart( 53:35): I cna't wait to be with you
Stuart( 53:46): we will haev fun in Tokyo
Stuart( 53:50): have*
ユリョニ( 53:51): me too, and you, I love you , we will meet soon
ユリョニ( 53:53): ok
Stuart( 53:59): yes very soon
Stuart( 54:09): let me see my love again
Stuart( 54:14): stand for me
Stuart( 54:38): wow
Stuart( 54:50): you are mine right
ユリョニ( 55:11): thank you. please tell your schedule on tokyo?
Stuart( 55:16): I will
Stuart( 55:24): I will make much time for you
Stuart( 55:27): don't worry
Stuart( 55:29): ok
Stuart( 55:41): I better go now my love
Stuart( 55:47): I love you
Stuart( 55:50): bye
ユリョニ( 55:52): thank you, my off day is☆,☆ and april
ユリョニ( 55:58): thank you, bye haney
Stuart( 56:09): I will see you on those days
Stuart( 56:14): and in april ok
ユリョニ( 56:26): really? thank you
Stuart( 56:27): just let me know the days you have off
Stuart( 56:32): yes of course
Stuart( 56:40): ok
Stuart( 56:44): bye my love
Stuart( 56:52): chat with you tomorrow
ユリョニ( 56:57): ok, have a nice day, bye my sweet heart
ユリョニ( 57:05): ok. we will
Stuart( 57:21): (^3^)
Stuart( 57:28): you're so cute
ユリョニ( 57:31): (^-^)♥
Stuart( 57:32): so beautiful
Stuart( 57:39): bye honey
ユリョニ( 57:39): and you, so handsome
Stuart( 57:46): I can't stop looking at you
Stuart( 58:17): I cna't wait till you come with me to New York
Stuart( 58:30): that will be fun too
ユリョニ( 58:31): i hope so
Stuart( 58:36): yes
Stuart( 58:43): of course
Stuart( 58:47): bye now my love
ユリョニ( 58:56): bye for now my darling
Stuart( 59:02): ok
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-21 01:44

how I feel about you

わたしの "have a nise day"を最後にまた、
暫く音信が無くなるだろうと思いきや、
おそらくわたしが寝入ってしまったと思われる時刻に、
Stuartからのメッセージが入っていた。


Stuart: you are never here for me to tell you how I feel about you


neverのニュアンスが、どういう感じの場合に使うのか?が
今ひとつわからない。。。あまり細部は気にしなくていいのかな??

。。。こういった「ほんの一言」ですら、ネイティヴではない今のわたしにとっては、
中々彼の発言の微妙なニュアンスを受け止められなかったり、
理解するのに時間がかかるのがもどかしいんですが、、、

それでも、少しづつでも・・・今、彼が感じていることを、理解したいと思っているのだ+。゜
o(*’-’*)o

my sweetie.....+。゜

-

ところで、
やはり仏蘭西人は、面白い。゜*;∇;)

よく、世間話&日本語を教えて貰うために?話かけてくる
フランス在住の、感じの良いフランス男性が居るのだが、

彼があるとき、「Darling や、Dear を、日本語ではどう言うんですか?」

と尋ねてきたので。。。

わたしは思わず彼に、
「日本語には、そういった・・・愛を表現するための語彙が乏しいので、
ぴったりと当てはまる言葉は、わたしにはわからない。
強いて挙げるとすれば・・・Darling と似たような呼びかけ言葉は、"ANATA"?
しかしこれは、いわゆる vous と同じ意味でも使うので、
やはりそういった言葉は日本語では見当たらないですね・・・*ーー)」

と答えると、「MERCI! WAKARIMASITA!^^」

と、納得してくれた。

そう。*ーー)o

baby, haney, sweetie, ma cherie, bambino,.....

こういった、愛をこめた呼びかけの言葉が、日本語の中には存在しないことに、
わたしは兼ねてから疑問を抱いていたのだ...。

・・・これは最早、「シャイな民族」という問題ではなく、
愛情を伝えることに対して、あまりに淡白な民族、、、?
と、受け止められても仕方が無いのではあるまいか。。。。。*ーー)。゜

・・・誰か、新しい日本語を作り出してくれませんかね???>3<)o

・・・・・糸井重里さんあたりで。(笑


後日・・・又、彼ジャン・マリ-が話かけてきて、

「今、刺身と寿司とピザ(←?)を食べているんだけれど、
これがすごく美味しくてね!この話は後で話すよ!(・∇・)ノ」

と言うので、

「あら、お刺身食べられるの?すごい!わたしも大好きよ。
良いディナーをね!ジャン・マリー」

と言うと。。。彼は、

「ARIGATO ANATA」

と。。。*;∇;)。゜

・・・どことなくオネェっぽくて、かなり笑ったのだが、、、
、、、私が先日、「DARLING=ANATA」と、教えてしまったせいなのねん。゜A^^;;)

ヘンな日本語を教えてごめんなさい、ジャン・マリー。。。(*T∇T)。゜

彼は日本語に対して、非常に貪欲に興味を示しているようなのだけれど、
まだ日本語がまるでわからないとのことで、

「watakeishi」

と何度か彼が言うので、

「watakeishi?」

と聞くと、

「oui, watakeishi」

というので。。。どういう意味だろう、、、、、;--)
と考えるも、さっぱり見当もつかない。。

。。暫く後、彼が再び書いた言葉を読む限り、どうやら

「watakushi」

と言いたかったらしい。A^^

。。。これを考えると、
スペルの間違えまくったわたしの単語に対して、
Stuartが何事もなかったかのように「yes」と答えてくれるのって、
すごいなぁ。。。。。と思う。゜A///)

・・・出会った頃に交わした会話で、
「でも、わたしはenglishがvery poorだから。。(;;)」
とわたしが言った途端、
「don't worry,それなら僕がhelpするから。」
・・・と言ってくれたことを思い出す。

それ以降・・・最初のうちこそは、会話の度に何度も、
「意味がわからない。。」と、困っていたことも多かった様だが、、
その後は、多少意味不明なことや、ミス・スペルな単語でも
大意を捉えて会話してくれているように思う。

彼の言葉に嘘は無かったのだ.....。。。(*;-;)

.....今更ながら、彼の辛抱強さと懐の深さに、感謝する次第+。゜




で・・・その後もジャン・マリーは貪欲に、
「これは日本語ではどういう意味か?」と聞いてきて、

「kochirakoso」

と、

「ARIGATO ANATA」(笑)

と、

「yoi yoru o」

と、

「yoi ichinichi o」

を覚えた模様で、
彼はわたしに大変感謝してくれ、
代わりにフランス語をいくつか教えてくれた。(*^m^)

フランス語ってやはり、綺麗な言葉と思う・・・・・+。゜
響きが柔らかく、英語やポルトガル語(ブラジル人とも話すので、結構使う。A^^;)
や日本語の後にフランス語で話かけられると、
途端に格調高い世界に入ったかのような気分になるのだが・・・・・

如何せん、わたしが出会った人を見る限り、
やはり・・・フランス人は、妙にキャラの濃ゆい人も多い。゜(*///)o

しかし、それは決して嫌味ではないのだけれど。。。
なんかこう、ネジが数本抜けてる?というか・・・天然ノリ?で、
よく喋り、よく笑い、よく食べ、よく学び・・・・・
本当に、人生をとことん「楽しもう!!」とすることに貪欲な人々・・・という気がする。
o(*’-’*)o

しかし・・・
そんなフランス人が、わたしはかなり好きだ♪
(*^m^*)
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-20 23:49

Thank you Luther+。゜*;-;)

...異国同士の恋愛は、「自分との闘い」・・・と、思う。゜*;-;)

何度も何度も・・・もっと大きな心でStuartを信じて、
一人で煮詰まって、疑いの言葉を投げつけたりせずに済むように
努めて明るい気分でいようと心がけるも。。。

やはり、二日、三日と、送ったメールにもIMにも、何の返信もないと、
ただ忙しいだけなのだろうか??・・・それとも。。。と、
黒雲のように、不安が過ぎる。゜*T-T)。゜

おそらく・・・
それは、私が自分の容量を超えるぐらいに、
Stuartへの想いを募らせ過ぎているのだろう。。とは、思う。

けれど・・・coolになろう、なろう、と思うほどに、気は焦る.....。*;-;)

けれど、何度か「置手紙」のようなメッセージを残し、
出来る限り負担にならないように努めていた。

そして、「忙しいとは思うけれど、ブレイクを取る時間があったら聴いてください」
とメッセージを添えて、大好きなLuther Vandrossの
「A house is not a home」を送った。

そして。。。
更に半日経った今夜の時点で、また何の音信も無いため、
不安がピークに達したわたしは思わず、
「are you ok?
why you keep silent?
only busy?
I allways missing you.」
とメールを書き。。。

数時間後、再び鬱陶しさを与えてしまうのを覚悟で、
「did you meet another girl?」
とも。。。*;-;)。゜

「hi」でもいい、「i see」でもいい、
ほんの一言があれば、安心できるのに、、、、、*;皿;)

・・・・・心の中でまた、あらぬ妄想が膨らんでしまい、
悶々とした気持ちで帰路に着いた。

-

そして・・・

PCを立ち上げてみると、off line メッセージの最後の、

「Stuart: bye and take care」

という文字が目に入り。。。。。。。     (*;=;)。゜



。。。



・・・・・再び、何度も切れそうになり、
その都度、やっとの思いで修復して来たつもりの「糸」が、
今度こそ、切れてしまったのか、、、、、

と、わたしは胸が押しつぶされそうな想いで、
それ以前のStuartからのメッセージを読み始めた。

「素敵な歌をありがとう。」
実は俺、彼の葬式の席に居たんだ。
「あの日はアメリカ中が深い悲しみに包まれていた。」
「俺も君とすぐにchatしたい。」
「けれど、俺達はすぐに会える。」
「bye and take care」


。。。


。。。。。別れのメッセージじゃなかったの???(*T=T*)

そして・・・・・

Lutherのお葬式に行ったですと!?!?
((((*;=;*)))。゜

わたしは、今度という今度こそ、己の早とちり
を激しく責め、そして・・・

何度か書いては消した、必要以上に彼を問いただすようなメールを
送信しないでおいて良かった。。。。。。。*;-;)
と、心から思った。゜

ごめんね、Stuart.....
ごめんなさい、
ごめんなさい、、、、、

そして、今回は・・・・・なんだかLutherの歌が、
4度私のworryのせいで切れかけた縁を、再び結び直してくれたように思えて、
思わずわたしは天に向かって、何度もお礼を言いたい気分になった。゜

・・・・・ ありがとう、Luther.......+。゜*;-;)ノ+。゜
あなたの歌は、永遠に人々の心に残っているわ。
・・・そして、これからも+。゜

そして、わたしはすぐにStuartに宛てて、

「素敵なメッセージをどうもありがとう。
屋外に居たものだからあんなことを書いて、
もしworryにさせてしまったらごめんなさい。
ホントすまんかった、、、
けれどわたしはとても安心した。
どうか良い一日を」

と、返信メッセージをオフラインで送った+。゜

・・・・・これで又数日は、生き長らえられることだろうと思う。゜*;-;)

これこそ文字通りの「you are everything」状態だ。。。

。。。このわたくしをこんな気分にさせる男は多分、
meybe そんなには、居ない筈だ....。。。*ーー)o゜

       ・・・・・・・・・・・  な ん て 貴 方 は 憎 い 男 (ひと) ♥

そして・・・・・

どうかもう、余計なworryの黒雲に、
自分を覆わせたりせずにいられますように・・・・・・・・・+。゜(*;-;)o゜


missing you true...


[PR]
by o-bleneri | 2007-03-19 23:47

遠く想いを馳せながら。。。

a0013306_23165423.gif
久々の「bla魂」でがすー。o(*’-’*)o


まず最初の曲は、Marvin gay&Diana rossの名曲「You are everything」
・・・最近、この曲がずっと頭の中で響いてましてん。。。+。゜///)

映像はアレですが、聴いたことがなかった方はゼヒ♪
ロマンティックな曲の宝庫スタイリスティックスのカバーで、
家にあったドーナツ盤で、わたしは若気の頃から、
「・・・大人になったら、こんな風に愛を囁き合えるような人と出会いたいな....。。*//m/)」
なんぞと思いながら、聴いていたものです。゜

そして・・・その夢は、見事に実現した訳です・・・・・☆*///)o ♥

恋に恋する年頃であっても、それに手の届く年頃であっても、
恋はいくつになっても、sweetで甘酸っぱいものですねん+。゜

-

二番目、
Marvin gayと、彼がずっと片思いを寄せていて、
彼女が24歳の若さで亡くなってから、ショックの余り暫く音楽活動を休止したという
タミー・テレルのデュエット+。゜

・・・・・タミー・テレルって、確かに・・・本当に、可愛い♥*’=’*)o
それも。。。計算高い、女を武器にした女性というイメージはなく、
初々しい果物のような、気丈でおきゃんな感じの、まさに・・・
「男の子の青春時代の甘い夢」を、結晶にしたような少女で。。。

なんだか、当時のMarvinの想いを想像すると余計に、
見ていて涙が出そうに切なくなるClipですね・・・・・+。゜*;-;)

三番目、
スッチーの好きな・・・って、わたしも以前から大好きなアーティストですが、
歌姫Mary J blige☆

このクリップの構成が・・・なんだか、スッチーとわたしのシチュエーションに似ていて、
妙に、感情移入してしまいました。。。*///)。゜

・・・そんなつもりはないのに、好きだからこそ、衝突してしまう。。

そして、彼は去ってしまう.....。。。

叫び出しそうな想いで、「お願い、帰ってきて・・・・・!」

と・・・

・・・諦めかけた頃、彼がドアを開けて戻ってくる。。゜*;-;)。゜



・・・・・わかる。

今なら、わかるわ+。゜

その気持ち。o(*;=;)ノ+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2007-03-18 03:32