<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ゆりょミの激ウマ!レストラン[煮魚編]

a0013306_9263489.jpg

ポーランド人の友人に食べさせるマリネを作ろうと買って冷凍しておいた≪生ニシン≫でしたが、日も経って来たことなので、煮付けにすることに♪

〓ニシンの煮付け〓

◎下ごしらえ・・・ニシンはまるごと塩をふって10分程置き、頭・ヒレ・尻尾を落としてぶつ切りにし、熱湯を回しかけておきます。

◎小さめの鍋に、水・1・5カップ/酢・大1/酒・大3/しょうが・適当/・・・を入れ、煮立ったら魚を入れて5分程煮ます。

◎砂糖・大1/みりん・大2/しょうゆ・大2/・・・を加え、落とし蓋をして更に10分ぐらい煮ます。

◎加減をみながらしょうゆを足し、更に5分ほど・・・煮汁が多いようなら強火にし、煮つめて仕上げます。

-*-

甘辛な煮汁がご飯にぴったり♪
美味しい煮魚を食べる瞬間は、日本人でよかった+。゜と、心から思える瞬間ですねん♥
(*/^m^)
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-28 09:37

♪あなた追って出雲埼~

[JEROさん]
巷で話題の黒人演歌歌手のJEROさんですが、わたくしもすっかしハマっております+。゜
*^m^/)
最初にビデオクリップを見た時は正直思わず笑ってしまいましたが、好みのルックスといい、日本人のお婆さんを喜ばせたい一心で、演歌歌手になるべく来日という、それこそ今では珍しいような演歌的な人情味あふれるエピソードも泣かせます...。゜///)o
何度もチェックしたおかげで最近、「♪あなた 追って 出雲埼~」のフレーズが妙に耳から離れません。。。(*’=’*)!?
一時的なブレイクのみならず本当に紅白まで出ちゃって欲しいものですねん♪*^.^)v

-
[エイミーさん]
.....ハマっているといえばもうお一方、グラミー賞のビザが下りなかったやらで話題になってましたエイミー・ワインハウス。・・・彼女もここしばらく、妙~に目が離せないキャラですねん★A///)

一度聞くと耳に残る不思議な歌声もさること、私生活のしっちゃかめっちゃかぶり?も、なにげに危なっかしくて・・・しかも、それは話題作りや売名行為というよりかは、完全に天然?というか、若さゆえの無法備ぶりっぽいところが、妙に親心を刺激されるような。。そういうところも完全に、「猫キャラ」っぽいですねん。

ライブの映像を見ても。。。確かに強烈な個性や歌唱力を感じるとはいえ、どこまで本気なのか?わからないような雰囲気や、酔っ払っているのか、演出なのか、そして・・・大抵、とても可愛らしいヴィンテージ風のミニドレスを着ていることが多いようですが、スタイルも良く、顔も可愛い顔をしていると思えど・・・セクシーというよりかは、そこはかとなく常時挙動不審っぽいところも、面白い。。。(*;ー;)。゜?

でも本当に好きな曲も沢山あるので、まだ若いことですし・・・どうか命だけは大切にして、息の長い活動をしてほしいところですねへ・・・★(* ’=’*)o゜

-
[about honey]
バレンタイン前後にちょっとworryになるも、誤解がとけてホっとする。。。
*///)

そこは。。。どんなに近くにいようと、疑惑の雲みたいものは、突発的に襲ってくるでしょうけれど
離れていると、なおさらねぇ、、、、、*-.-)。゜

しかし、これまでも疑問に思っていることはその都度かなりはっきりと言ってきたつもりだったけれど、今のところちゃんと・・・多少ブランクがあったにせよ、ちゃんと応えてくれていると思うので、わたしもなるべく禍の種みたいなものは探さないようにしようと思う。



-
[己の苗字のレアぶり調べ]
ところで。
さりげにひまだったので、自分の苗字のランキングを調べてみたところ全国30,733位 で、日本国内では27世帯とのころ。。。これって・・・多いのかしら?少ないのかしら?どのぐらいのレベル?と気になって、別のデータベースで家の前後の方のお名前を見ると・・・たとえば、「脇舎さん」「団栗さん」「天満屋さん」「籏町さん」「市堰さん」など・・・わたしの知る限りでは、あまりお会いしたことのないような珍しいお名前な気がするので、やはり結構レアなのかしら??しかし、以前に遠縁の叔父さんが「うちの苗字は親族しかいない」と断言していたのも、この世帯数ならあながち嘘ではなかったのかもしれんな...。
o(* ’-’*)o

-
[苺の香り萌え♥]
街を歩いていると、さりげにお求めやすい価格なのでたまにお世話になる化粧品ブランドCANメイクから、限定発売らしい「シュガー・ベリー」という苺の香りのコロンが店頭に並んでいて、テスターで試したところ。。。。。おお!?!?(*;-;)。゜こでわっ!!!懐かしのヴィレッジ・ストロベリーコロンのにほひと一緒でわっっ+。゜

まさに「苺ー!」な香りで、こういったモロ苺といった香りは、それこそ数十年前に廃番になったであろう、よくソニー・プラザなどにおいてあったヴィレッジというブランド(よく缶入りのリップバームなども出していたような記憶が。。)のストロベリー・コロンぐらいで、これは大好きでよく愛用していたものですが。。。苺の香りって、ありそうでなかなか出ない...。
最近、インポートの1,000円ぐらいで売っているストロベリーショコラ?でしたか、苺の柄の箱のコロンも嗅いでみましたが、何かが違うのですな。。。。。*ーー)o゜

しかし、今回のこの限定「シュガー・ベリー」こそは、懐かしのヴィレッジ・フルーツコロンシリーズ(レモンなども実に本物に忠実な香りだった。。)の香りを彷彿とさせる、本物の苺っぷり♪

・・・たちまち懐かしさがこみあげてきて、己の歳も顧みずに、その場で4本ほど買い占めてみる。
( ̄゜゜ ̄)凸

ムフフ♥
これでしばらくは心おきなくストロベリーのかほりに包まれることが出来そうだわ+。゜
6フ6)ノ
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-19 02:41

手作りチョコ♥おまけ

a0013306_22393360.jpgまだチョコレート熱がさめやらぬうちに、心残りの無いように、作ってみたかったものをすべて作って、仲良しのアクセサリーショップの女の子達に配ることにしたざんす♪
(*^m^*)

a0013306_23575481.jpg写真は東急ハンズでみつけたクマさんの型に、溶かしたチョコレートにコーヒー味をつけて固めたもの♪チョコが柔らかいうちに型を叩いて空気を抜いたつもりが、固めてみると鼻のあたりやらに気泡がちらほら混ざっていたけれど、それはまぁ、ご愛敬?ということで。A^^;

型抜きチョコって、粘土細工みたいで作っていて楽しい♪

a0013306_23312416.jpgそして。難易度は低いらしいわりに、殆ど作ったことのなかった生チョコ。・・・って、数年前に作ったっけかな??忘れましたが、今年はキャラメル味で再挑戦することに。まず、GODIVAのキャラメル味のチョコに生クリームを加えたものにはちみつを混ぜで、型に流して固める。

で、固まったものをカットしてみると、柔らかすぎて失敗。。。(><)
。。。包丁にべとーりとはりついて、ぜんぜんカットできないし、、、(汗

気を取り直して、チョコを増量したものを再度テンパリングし直して固めてみると、今度は成功♪
バットに入れたココアパウダーをまぶして完成♪

生チョコはコツさえ覚えれば本当に簡単に作れる上に、どことなく「おもてなしチョコ」っぽくなるので、プレゼントには最適かも♥v(*^-^*)v

a0013306_23264079.jpgあと、これは青い旗の色出しに実験で使った黒ゴマペーストが思いのほか良い香りだったので、ガナッシュに黒ゴマを入れたものを作ってみました。今回は、表面を抹茶チョコで覆って、ホワイトチョコにうっすら抹茶チョコを混ぜた黄緑のライン状の模様をつけてみました。


a0013306_23441558.jpg黒ゴマを混ぜるチョコをミルクチョコにするか、ホワイトにするか迷いましたが、ゴマの香りを生かすためにホワイトチョコと混ぜてガナッシュを作りました。色はすっごい色ですが、黒ゴマのとても良い香りがしています。

ジャンドゥーヤのイメージで作ってみたのですが、とても香ばしくて美味しいチョコに仕上がったと思います。v(*^-^*)vいつかヘーゼルナッツペーストを使った本格的なジャンドゥーヤも作ってみたいですけれどねー+。゜


-
a0013306_022347.jpgで、ラッピングをして完成・・・・・☆

これで、今回やってみたかったものは一通りすべて作ったかな??
・・・とはいえまた、突発的に何か作りたくなったりするかもしれないんですが。。。A^^;

一応は、思い残すことなく満腹するまで作り終えた次第です。゜A^o^)=3
しっかし・・・ここ3日ほどチョコレートのこと”しか”考えておりませんでした、わたし...。A///)

.....あ~、それにしてもチョコレート作りって、本当~~~に楽しい!!!
バレンタイン・デーが、ひと月置きにあればいいのになぁ。。。。。(*’=’)o(おゃ
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-13 23:56

手作りチョコ♥完成!?(一応。)

a0013306_3471692.jpgふ・・・・・+。゜*;ー;)出来たのさ・・・♪・・・誰が何と言おうと。。。。。(涙。゜

・・・ところでこれは
幕の内弁当
ではありません。念のため....。゜
T◇T)o

で。

写真 (A) が「悲願」の国旗チョコ。詳細は後ほどねん。

(B) は、ぶっつけ本番で作った、謎のトリュフもどき。結構手は込んでます。
中のプラリネはホワイトチョコにレモンピールを刻んで入れたもの、それを固めたものの上から溶かした苺チョコを屋根のように塗ってゆき、側面は溶かしたGOVIVAのビターチョコをナイフで塗ってゆきました。リズミカルに作業していったつもりでしたが・・・どれ一つとして、同じ形がございませんでしたよ?>3<)o!?

(C)一度作ってみたかった「大人のトリュフ」を作ってみました。前回の抹茶トリュフでの失敗を踏まえていたので、ガナッシュを多少やわらかめにしたため、多少は綺麗な球形が作れたかも。v*^o^*)vガナッシュを作るためにまずGODIVAのラズベリーチョコを刻み、熱した生クリームを入れ、やはり刻んだラム・レーズンとキルシュを入れ、かな~り洋酒の香りが強めのガナッシュを作ります。そして、さっと冷やしてから固まりすぎないうちにカットして、ざっと丸めておき、再度冷蔵庫に入れます。

で、「大人トリュフ」なので、コーティングもビターにするために、こちらもGODIVAのカカオ75%ぐらいで行ってみます。これを刻んでテンパリングしたものをてのひらに取り、冷蔵庫から出したガナッシュを手で丸めながら指でコーティングチョコを加えながら、厚みを出していきます。

最後はゴージャスに金箔・・・わたしは昔からゴールドはよく使うのですが、ノーカットの金箔を買ってしまったため、トッピングしようとすると指に静電気でまつわりついて、結構難しかった。。。A///)いつものように金粉にしておけばよかったかな、、、それでも!こちらは珍しく?結構ちゃんと出来ました♪おそらく今回の中では始めて?多少はマトモな形のものが作れたかしら。
A^^;)

-
思えばかれこれ3日間ほどチョコレートと格闘してきた割に、出来は。。。A///)ではございますが、到着期日もとっくに過ぎてしまったことですし、キリがないので、こんなところで許してあげることにしました。゜*;ー;)・・・まだまだ作りたいものがあっただけに非常に心残りではありますが、あとは近所のお友達にでも作って配ることに♪

一応、日本の国旗も再度作り直して、青はジャムやら黒ゴマペーストやら、あれこれ試してはみたものの、結局食品色素を使わない限り、いわゆる「青」にはならなさそうなので、おとなしく東急ハンズで食用色素の青を買ってきました。

2種類あって、安い方は青色1号、高い方(といっても、100円か200円か?ぐらいの違いですが、、、)こちらは海藻スピルリナから採った粉末とのことだったので、確か青色1号ってあんまり体によくない??と聞きかじった記憶があったので、スピルリナちゃんの方にしてみる。
他にも、ものっすごいまっ青のザラメみたいなお砂糖もあって、楽ちんそうでしたが。。。瓶をみると、こちらも青色1号を使っているっぽかったので、ヤメときました。(しかも高いし。

で・・・ドキドキしながら、ホワイトチョコに混ぜてみる☆
パウダーを少量の水で溶くと、殆ど青インクみたいな色・・・これは期待できそう??と思いつつ、しかし使用量の目安みたいなものが書いてあったので、それを守りつつギリギリの量まで加えるも、なんだか先日のブルー・リキュールを加えた時と同じ程度のうっすら水色?ぐらいにしかならないし、、、、、A><)

かといって・・・一応は害はないとはいえ添加物なので、使用量を破ってまで青くしたところで、身体に悪くちゃ本末転倒、、、と思い、もうこの薄ら水色で勘弁してあげることにしました☆*;ー;)

で・・・日・蘭、4枚づつ取れるように固めてみるも、カットの段階でしくって、結局半分しか取れず。。。まぁ、やってみたことに意義があった?ことにして、2枚づつでオッケーとす。
ラインも日の丸もまったくバランス悪しですが、それでもよ~し!!! ̄。。 ̄)o

-
しっかし今年のチョコ作りは、なぜだか、ひたすら疲れました。。。。。>д<)=3
。。。プランを欲張りすぎたせいかしら???あと、やっぱりいくらチョコ自体は作り慣れているからといって、いきなり作ったことのないアイテムまで「ぶっつけ本番」というのは冒険すぎだったかもねん、、A///)

思えば例年、不定形なアドリブで作ったような形のものばかりで、「形のカッチリしたチョコ」というのは今回が初めてだったかも・・・☆なので、固まったチョコを綺麗にカットするのがいかに難しいか??というのを痛感しました。せっかく丹念に流し入れて綺麗に固まったものを、いったい何個ブチ割ったことかした。。。;///)いくら包丁を暖めても、固まりすぎてからカットすると割れてしまうし......。゜なので、冷蔵庫に入れて10分も経たないうちに、ガナッシュ程度の固さになった段階でうっすら切れ目を入れておき、固まってから再度熱した包丁で切ってみると、今度は割れなかった。

・・・・のはいいんですが、なんというんでしょ。。。包丁をズーっと入れていく途中で、溶けたチョコがうに~っと包丁の切れ目から上に登ってきて、それをそのままにしておくと、今度は固まった時に縁がガタガタになっちゃうのねん。゜(><)
包丁が熱いうちに、そのバリ?みたいなものを均すようにはしてみたものの、あまりいじりすぎていると今度は色が混ざってきたり、溶けすぎて形が崩れてきたりするし、ドライヤーをあててみたりもしましたが、溶けすぎてお皿にくっついちゃったり。。。などなど、本当にカットは難しかった。

・・・ピアノ線か何かでも使ったほうがいいのかしら???ーー)。゜
プロの方って、どうやってカットしているんだろうなぁ、、、



.....そんな&こんなで、真夜中に、しかも大雪の中、近所の24時間やっている大きな郵便局まで歩いて無事EMS発送を終えたところ。


がんばったな、わたし。。。。。♥//m/)
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-12 04:34

手作りチョコ♥第二弾

a0013306_14144036.jpg

さて、ストロベリーとホワイトのマーブル模様のチョコは、熱したハートのクッキー型でくりぬき、いよいよ国旗チョコの第二弾を作るべく、溶かしたホワイトチョコにブルー・リキュールを入れてみたものの。。。やはり、どんなに入れてもミントブルーが関の山な模様。。A//)入れすぎると、生地が柔らかすぎて、固まらなくなりそうだし・・・どうしたものか??と、急遽予定を変更し、柔らくなった生地を生かして手で丸めて、オランダからお土産用に大量に買って来た残りのチョコふりかけをまぶして、トリュフ風にしてみた♪(写真・奥右)

ブルーの色出しにBOLSというリキュールを使ってみたのですが、そこはかとないラムネ風の甘い香りになり、これはこれで悪くないかも。*///)?

さて、肝心の「青」ですが・・・やはり、食紅用の青でも使わないとダメかなぁ。。。
もしくは、植物性の染料から作られたというチョコ・ペンの青もあるお店でみかけたので、土台は抹茶か何かで作って、表面だけこれで塗ってみようかしら?????

。。。とっくに到着期限は過ぎることは間違いないので、ここはあせらず納得ゆくまで「青チョコ」を極めてみようかと★A^^;)

”おまけ”の吟醸酒やバス・バブル、桜のキャンドル、あとはかねてからリクエストされていたDVDも編集してケースも作り終えたし。

・・・・・残るは、「青チョコ」のみ!!!

レッツゴー、俺♪o(*’-’*)o
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-11 14:25

手作りチョコ♥

a0013306_3314725.jpg「手作りチョコ」というのは、プランニングから制作にかける時間もさること、材料費(練習用も含め、毎年必ずといっていいほど、大量に買いすぎて無駄が出るのですが、、、)や、ラッピング材料を揃えるだけでも高級店のチョコが何箱買えるんだ??というぐらいのコストがかかったりもいたしますが、それはそれ・・・☆結局わたしはこのイベントにこじつけながらも、「お菓子を作る」という作業が好きなのかもしれない+。○///)v

a0013306_34231100.jpgそして「お菓子づくり」というのは、ある意味自分にとっては≪夢をつくる作業≫のようなものなので、材料にも、自分なりの【こだわり】を持っているつもりだったりする。

毎年、ホワイトチョコで使うのは六花亭という北海道の道東のお菓子メーカーのものだ。この「ふきのとう」というホワイトチョコレートは、普通のお店でホワイトチョコというものを見たこともなかった頃からあったように思う。しかもこの「ふきのとう」という板チョコレートは、今はどうかわかりませんが昔はホワイトからビター(殆ど真っ黒けの。。。カカオ100%!?ってぐらいの)まで、10段階ぐらいのカカオ段階?があって、わたしはバレンタインデーの度にお世話になってきた。普段、ホワイトチョコレートなるものはほとんど食べないので他のメーカーと比べてどうか?ということはわかりませんが、このふきのとうのホワイトはとにかくミルキーで、とても上質なチョコレートと、絶大なる信頼を寄せていたりします。(*’-’)o

・・・思い起こせば、それこそ数十年前?に作って配った、六花亭の数種類のチョコだけでごく薄いマーブル模様にランダムな形に流したチョコに、うっすら金粉をまぶしたチョコも、かなり好評でした♪
(*^m^*)

で、その後ダークチョコは東急ハンズで買ったベルギー産のクーベルチュールチョコを使ったりしてみたのですが、1パッケージの容量が多いので、使いきれず。。。挙句は、余って冷蔵庫で眠っていたものをさりげに確認してみると、とっくに賞味期限切れだったり、、、A///)
...[賞味期限:2006年迄]って、どういうことだ。。。(←眠らせ杉。

東急ハンズは確かに見ているだけで楽しいのだけれど、つい買いすぎてしまうのと、今年は期日が迫ってからにわかに準備を始めたため、ダークチョコなどはGodivaのバー・チョコレートを使ってみることに♪
ということで、ギリギリになってデパートへ行くも、今日はバレンタイン前の最後の休日だったためか、それこそ黒山のような人だかりでA///)人垣の中からやっとこ手を伸ばして、5-6本ほどいろんな種類を購入してみました。

あとは、ストロベリーと抹茶は明治のリッチシリーズ。ストロベリーは容易に手に入ったのですが、抹茶の方が。。廃番準備?か、売れ筋?のどちらなのか見当がつかないのですが、つい先日までどこのコンビニにもあったはずが、とんとみかけなくて、7軒ほど回った挙句に、近所の東急ストアにがっさりと置いてありましたので、わし掴みにしてレジへ向かう。

a0013306_42523.jpg抹茶チョコは、トリュフのコーティング用にするプランが練りあがっていたため、さらにコーティング用の抹茶を探す。お茶屋さんを覘いたところ、500円ぐらいから2,500ぐらいのランクのものまであって、店員さんが「こちらが裏千家用で、こちらは表千家、あと、これとこれは濃い茶も淹れられますが、こちらは薄茶用で。。。」と、懇切丁寧に説明してくださるも、茶道を嗜んだことがあるわけでもないので、何がどう違うのか?が、さっぱりわからず。。。A///)

・・・しかし、ここは後学?のためにも奮発して、一番高いのにしてみる。
なんて太っ腹なわたくし・・・♥(_*´ェ`)_

a0013306_430796.jpgそして、ゴディバの高いチョコレートを容赦なく刻んでガナッシュを作ったり、リッチ・ストロベリーとふきのとうのホワイトチョコで、初めてのマーブル模様に挑戦したり。。。などなど、チョコレートを格闘すること数時間。...あらためて思うのは、久しぶりなせいもあるかもしれませんが。。。お菓子作りって、ホントに体力をつかうことを痛感。。。(;>3<)ノへほー★
デザインを考えたり、材料を仕入れるのもさること、作業に入ってからも、温度調節から飾り付け、カットに神経を使ったりと、ほんとうに大変な作業と思う。パティシエさんって、偉いなぁ。。。。。と、今更ながら尊敬する次第です+。○///)o

a0013306_4351597.jpgで。。。とりあえず、格闘の末出来たのが、コチラ.....。A///)
う~ん、どれもこれも形が、あんまりで。。。。。(汗

素材は厳選したつもりなので、味は間違いない?とはおもえど、見た目、どうなんだろう。。。(泡

「国旗チョコ」は一番最初に考え付いたアイデアで、日本と、【某国】の国旗をチョコで作ってみようかの!>∇<)ノと思いついたまではいいんですが、青い色はどうする・・・???と考えあぐねた末、今だ試したことはないのですが、ブルーハワイなどに使うブルーのリキュールをホワイトチョコに混ぜこんでみることに。で、オーダーしたブルー・リキュールが届くまでの間、ストロベリーチョコとホワイトで簡単に出来そうな日本の国旗チョコを作ってみるも、、、頭の中だけで考えるのと、実際に作ってみるのとは大きな違い?で、これがまた結構難しくて。。。A///)
最初にストロベリーチョコを、メダイヨンを作る要領で、コルネで丸く絞りだして、そこそこ固まる前に、周囲を固めつつホワイトを流しいれていったのですが、どうにも綺麗な形を作るのが難しく、6個作るつもりが成功したのは3個だけ。A///).....しかも一応「成功作」とはいえ、これですら、あんまりなフォルムではありますが。。。

。。。すいませんね、お父さん。(*;ー;)o

あと、ゴディバのナッツチョコを荒く砕いて溶かしたものに、キャンディーがけのくるみをトッピングした、岩チョコ。。。「岩」はいいのですが、サイズといい、形の不揃いさといい、ほとんど「隕石」ですな、、、(汗

そしてそして、メイン・イベント?の、抹茶トリュフ☆
トリュフも、いつかは作ってみたい。。。と思いつつも、思えば作るのは今回が初めて?で、それこそぶっつけ本番で作ってみたのですが、中のガナッシュはこちらもゴディバのカカオ75%に、一番高い生クリームを混ぜて固めたものに、明治のリッチ抹茶をコーティングして、2,500円の抹茶をまぶす。。。というプランニングだったのですが、ガナッシュの生クリームが、最初は柔らかすぎるぐらいに感じたので、入れすぎたかな??と思いつつ、絞って冷やして、手で丸めてみるも、逆にクリームが少なかったのか?綺麗な球に丸まらず、仕方がないので、半端な俵型のまま溶かした抹茶チョコにくぐらせ、抹茶の粉だけでは苦すぎ?と思って、加減をみながらクリープと抹茶を混ぜた粉を入れたバットに転がす。

。。。形はアレですが、このチョコはおそらく美味しく出来たと思う♪(*^m^)+。○

あと、かねてから作ってみたかったお花のチョコ。
12個作って、成功したのはやはり3個。。。って感じな激しい成功率の低さでしたが、抹茶チョコで作った葉っぱに、ストロベリーチョコで作ったお花を溶かし合わせて、真ん中にホワイトチョコの花弁をつける・・・という、今回では最も手の込んだ作業でしたが、出来栄えはさておき、作っている間の気分だけは、パティシエさん♪でした。v(*^o^*)v

・・・・・出来映えはさること、お菓子作りって本当に心が和むわぁ~+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-11 03:56

冬サルサ

a0013306_10244374.jpgわたしはサルサの中でも、どちらかといえばキューバン・サルサよりはNYサルサの方がスリリングで好きなんですが、こちらの2枚組アルバムはNYサルサ好きな方には絶対おススメです!
(*^m^*)。゜いつでも&どこでも、ゴキゲンな気分になれることこの上茄子・・・+。゜
Fania All Stars,Willie Colon&Ruben Blades,Celia Cruz,Hector Lavoe,Titto Puente,Oscar D' Leon,Eddie Palmieri,Marc Anthonyなどなど、 期待を裏切らない頼もしい皆さんが結集してます。サルサを聴きに行くためにNYに行くのもいいかもねん。。。
-
[去年マリエンバートで]
この映画はいつか見たいと思いつつ見逃してまして、ふと思い立ってDVDを探したところ、既に廃番な模様で、プレミアがついてしまい、日本版が5万以上するみたいで。。。(@@)!?ひぇ~★

・・・という訳で、別に字幕はいらんのでUK版で見てみた。
のっけから、ゴシック風の伽藍のロングショットにクラクラしてきますが。。。内容もとてもシュールで、一度見ただけでは何が何やら。。。な感じ。? すかさずフランス人の舞台役者をしている友人に話してみると、おお、何度も見たよ!といつつ、あのシーンは覚えてる?このシーンは覚えてる?などと言いながら、詳しく解説してくれました。;∇;)。゜そして、あれが好きならこの映画もおすすめだよ!などといくつか紹介してくれたので、後でチェックしてみることに♪

・・その前に、ロシアの弟のおススメのタルコフスキーの「スタルカ」をビデオで買ったものの、接続がメンドくてまだ見ていないので、こっちを見るのが先だな。。。。。A^^;)

[男と女]
こちらも何度か見ていましたが、その割には最後のシーンがうろ覚えで、A^^;)結局どうなったんだっけ。。。?とか思いつつ、あらためて買ってみる。てっきり、ホテルを出たところで別れるのだったか。。。と記憶していたのですが、”一応”は、しっかりハッピーエンドだったんですね。しかしながら、ベッドシーンの前後では、思わず涙があふれました。゜;-;)

しかし・・・昔に見た当時から、亡き夫役のピエール・バルーって、声や歌は好きなんですが、ルックス的にあまり自分のタイプではなく、ジャン=ルイ・トランティニャンの方がぜんぜんいいじゃん!?>3<)などと思って見ていたんですが(←というよりかは、若げの頃のトランティニャンは、かな~り好みのタイプらしい。。。///)・・・という訳で、(↓自薦も可。)
若い頃のジャン=ルイ・トランティニャン似募集中♥
フランス人ってどうにもピエール・バルーやドパルデューのような無骨な感じの男性を愛でる傾向があるのでしょうかね?。。。///)それにしても、子役の子・・・特に、ジャン・ルイの息子役のチビちゃんが可愛いかったなぁ。。゜*/^m^*)

それにしても・・・あんな風に一度は拒まれても尚、駅まで走ってくれるような人ならばホロっと来ますよね。。。よほど嫌いな面を見て、嫌になったのではない限りは。しかしその変は、男にしてみれば「賭け」ですね☆ーー)相手が本気で嫌がっているのを読めずに追ったとすれば、ストーカーの範疇なのでしょうし。しかし、そうではないのかもしれない・・・という微妙な希望と、相手の態度をちゃんと見極めながら関わる限りは、それで又状況が変わることもあるのかもしれないし。。。

なので、その変の”KY度”でまた、事態は変わってくるのかもしれませんが・・その「匙加減」をちゃんと塩梅出来る人って、男女問わず少ないのかも?と思ったりする.....。゜*ーー)大抵、相手の気持ちなどお構いなしに「自分の気持ち」一丁で、突っ走っちゃたりね。。。別に駆け引きで引いてみせる、というのではなしに・・・相手にとって、今は自分の出る幕かどうか?ということが読めるかどうか?ということなのかも・・・☆

しかし考えてみると、2では別れた後に再会するという設定になっていたということは、その後再婚するでもなくどこかで別れたということなのでしょうね。。。--)それはやはり、アンヌの方から拒否った?ということだったのでしょうか、、、しかし、ジャン・ルイの方には2でしっかり若い婚約者が居たわけだし、やはり男の人って一人の人を思いつづけることは出来ない生き物なのでしょうか。。。とか言いながらまた、再会して心変わりしてるし。゜ーー)。゜それはやってられませんよね・・・若い婚約者にしてみれば、、、--)。゜かなり腑に落ちない部分が多いですがね。。

・・・まぁね、
恋愛はいつでも他の人の気持ちなど構っている余裕などない≪身勝手なもの≫なのかもしれませんけれど。。。


。。。「愛」って何ジャロね~☆
6∇6)ノ+。゜
[PR]
by o-bleneri | 2008-02-04 11:07