<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2年ぶりですし。

お久しぶりにも程がありますねん。A^-^;)
熱しやすく(ry な気質の性か、こちらのブログもさること、
例のオランダ語のサイトやtwitterやmySpaceやFacebook
は、すべて英語かフランス語で書いてたため流石にメンドくさくなって放置気味(汗
唯一、日本語で一時はコンスタントに再開しかけていたmixi日記の方も、
3度目?4度目?(←1~2年続けては数ヶ月~半年以上休む‥を繰り返している。。)
の休火山状態★

言い訳する訳ではないのですが・・・特に、観客のみなさまとの距離間が近く&狭く感じる
SNS系サービスでダイアリーをつけると、自分だけ?かもしれませんが、
なぜだかどんどんディープな世界に入り込んでいってしまい、A゜Д`;)
方向性のハンドル操作がうまく機能しないと、ますます自家中毒みたいな状態になってしまい、
それこそ狭い水槽の中のフグ状態で、書いてる自分ももちろんのこと、
読んでくださる方もジワジワとその毒気にやられて・・・という悪循環に陥ってしまい、
平たく言うと、やはりわたしには狭く&深く型の村的コミュニティ内で、
自分をぶっちゃけ続ける・・・という作業に、向いてないのかもしれない。

なので、お互いに「ちょっぴり擬似Open mind」ぐらいの距離感の方がいい。
とはいえ古巣のいわゆるギョーカイの皆様の「仮面舞踏会」みたいなのは
極端でまた居心地がいくない。

ぜんぜ話は変わりますが、2年前の自分はなぜに、ここまで美容の話に執着してましたか。笑
今読み返すと、趣味を超えてそこまで切羽詰ってた??とすら誤解されそうなのめり込みぶりですねん、、

したけど何度も言うけど、このテンションが自分だからもういいや。

低空飛行がラクな人には随分「落ち着け」だの「急ぐな」だの言われてきたけれど、
わたしは乗り物に例えると普通列車やカヌーではなくして、ジェットコースターやUFOなのだから。



R: long time no see
R: maybe u have a new bf? ;)

Y: neeeeeee cos I already heb mijn sweetie pie :D
Y: maar u already forgot mij I think ...:'(

R: noooooooooooooooo
R: how can I forget such a sweet person?
R: who is so beautiful and sexy?
R: u are just soooooooooooo good
R: love u



不確実なものを信じ続けるには、根拠がかかせないね。

なので、ふとみかけた「あなたの恋愛力をテスト

あなたの恋愛力をみがく 恋愛偏差値

富田 隆 / 世界文化社



という本のテストをやってみた。o(・-・)o

またこんなことを書くと炎上するかもですが、
わたしは最初だけは実際、かなりモテる方だと思う。

これだけは謙遜しても仕方ないので思い切って正直に言っちゃうけれど、
これまで遠路はるばるどころか、ジェット機で一目だけでも会いたい!
と海を越えて来ちまった方は、片手ではカウントできないぐらいはいらっしゃる。

とはいえ、どちらがどう悪いとかいう問題じゃなく、
どうしてもゴメンなさい。。って感じで逃げたことも何度もあれば、
お茶飲んでご飯食べて、ハイ!またね~(・∇・)ノ
と、呆然と街中で立ち尽くすメンズを残してスタスタと帰ってきたこともあれば、
もっと若気の頃は、あと数十分で空港に行かなくちゃ・・・と言ってる人の目の前で
悠然とスモークサーモンサラダを注文してみたり(流石に今はここまでしない、、、

その中から、まずはMy Only one そして、お互いにとってのOnly Oneが
自然と育ってゆくものと信じてきたのでしたが・・・・・そんな自分でも流石に、
ふとした瞬間に不安になるもので☆(>-<)

以前ほどはパートナーシップに執着しなくなったし、why why とつめよることもなくなった。
なので必然的に喧嘩も減った分、結局は「形にならない」ことに変わりはなく・・・・

これが根底の部分で、どこか自分の自信を損なってるのかな?って思う。
日本的な価値観の枠組の中では特に・・・・・;--)

そうなんですよね。ーー)

自分にとって恋愛関係というのは、これまでいつでも「自然と発生」するものであり、
作り上げるものだったり、セッティングするものという感覚が、どーーーにも違和感あって。

なので「合コン」とか「○活」などというものとは無縁だったし、
その意味ではSchatも基本は同じ考えかな?って思う。

前置き長しですが、要するに・・・別にまだ日本でくすぶっていようと、
日本的な価値観の中での結婚力だのいうのには、興味はない。

興味はないものの・・・一方で、かなり煩わしい。;>Д<)

カフェで否応なく隣のテーブルから聞こえてくる、20代前半?と思われる娘さん達の
ガールズトークで、延々「結婚するなら・・・なタイプとかってさ~ (・=・)」的な、
恋愛中の気持ちの浮き沈みというのとは全く違う種類の、値踏み?というか、
(まぁ男性でもたまにオヤジトーク?若い男子でもいるかな、

自分と相手がどうComitして、それはどんな気持ちで・・・というpureな感じじゃなくって、
titsのサイズがどーとか、誰がどう萌えとか劣化したとか、なんつか・・・ビジネスライク?

まるで相手は心ももたない、物も言わぬ「商品」であるかのような感覚で、
ひたすらそこにあるのは、定規で図って計算機で値段をつける。。みたいな世界で、
少なくとも自分とは相容れない感覚だったりするのでごわす。

で、何だっけ。

そうそう、とはいえそんな自分の価値観の中に毅然と立脚していられるという程には
強くなれないチキンな自分は、こそこそと「己の恋愛力」を、いい齢になってすらチェックしてるし。

結果はどうだ。

・・・・・かなりの高得点じゃねぇか。


じゃぁなんだって、3年近くも遠距離のまま平行線なのですかね?


A 文化の違い
B テスト結果だけが全てじゃない。心眼で見ろ
C 運命の人とは別だから
[PR]
by o-bleneri | 2010-07-29 14:49